スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらばミャンマー!!

Posted by 王子(ouji) on 02.2013 ミャンマー 0 comments 0 trackback
2013年4月2日

ミャンマー最終日。
というか昼の便なので今日は移動だけです。

身支度をして朝食を。

昨日の言い合いをしたスタッフが俺の顔見てビックリ!

なんでお前いるんだ?と。

だからフライトがチェンジになったって昨日言ったでしょ!と。
朝ご飯ちょうだい!って。

笑顔で朝食を出してくれた。
わだかまり無く宿を出られそうだ。

9時30分のピックアップまでロビーで待つ事に。

目の前に座っていたミャンマー人の2人組に話しかけられた。

「見た目中国人だけどどこの人?」と。
なんかミャンマーでは中国人に間違えられる。

彼らは仕事でマンダレーに来ているとか。
北のティーボーって街の近くに住んでいるらしく、今度来るならそこに行けと。
日本の話に興味があるらしく、沖縄の話や尖閣の話などなど政治経済の話で盛り上がる。
またミャンマーに来てねとサヨナラしました。

そしてタクシーが到着。
あのスタッフとの握手をしてバイバイしました。

1時間揺られながらマンダレー空港へ。

IMG_5042.jpg
まだチェックインの時間ではなかったのでゲートが開いていなかった。

11時近くなりやっとゲートがオープン。

中のAir Asiaのカウンターでチェックイン。

マンダレー空港内はなにもありません。
スゲーつまらない・・・

なのでイスに座って滅多にやらない携帯の中に入っているオセロで時間潰し。
結果全部取られるというパーフェクトゲームで負ける(苦笑)

その後はブロック崩し的なゲームを。
全てのレベルをクリアーしてしまい終了。

ってしていたら搭乗時間に。
フライトは2時間くらい。

ミャンマーありがとう!!


未知の国程面白い。

いろんな人に出会えました。
いろんな人に助けられました。
民主化したばかりでこれからどうなるかわからないけど、
このタイミングで訪れることができたのは本当にラッキー!!

とにかく3週間は短かった。

今度はもっと余裕を持って。

今回の旅で気に入った所。

・ピイ
・カロー


この2つは是非行ってみてください。

次回は海と山だな。


タイの入国カードに記入して寝ました。

あっという間にタイ ドンムアン空港に到着。
荷物を受け取りローカルバス乗り場へ。

29番のバスに乗りフォアランポーン駅まで。
そこから53番に乗り継ぎいつもの川沿いのゲストハウスへ。渋滞があり着いたのは夕方。
今回は予約を入れておいたので部屋に入りシャワー。

そして何も食ってなかった俺はカオサンのいつもの店に。

写真(18)
今日はカオ・ナー・ペットを。
ダックを煮たものです。
これが美味い!
旅疲れしていたので甘めのご飯が食べたかった。
ここは間違い無いねー!40バーツ

写真(19)
そしてタイと言えばラウとチャン!!
(レイズね)

タイに帰って来たーって感じがする。

写真(20)
宿からの夕日を眺めながら。

タイでは人と会ったり次の旅の準備をします。
やっと止まりたかったGHにも泊まれたしね。
ゆっくりするか!!

このあとまたビールを追加するのでした。(笑)

ってかタイは湿気があってクソ暑い!
汗が止まりません。


汗ダクで就寝です。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

川を渡ってミングォンへ

Posted by 王子(ouji) on 01.2013 ミャンマー 0 comments 0 trackback
2013年4月1日

マンダレー実質最終日は川を渡ってミングォンという集落へ。

IMG_4982b.jpg
ホテルからの朝日。
今日も暑そうです。

IMG_4985b.jpg
ホテルの朝食はこんな感じ。
至って普通ですがこれがあると助かる。

飯を食っている間に親しくなったスタッフと明日の帰りのシェアタクシーの話を。
じゃあ予約しておくねって言われました。
9時って言ってたけど俺のフライトが10:45。
ガイドブックだと空港まで最低でも1時間かかるってなってたけどなー・・・

まあとりあえずミングォンまで向かいます。

政府のツーリストボートが9:00発。
川まで歩いて向かいました。

宿から歩いて30分位。

節約の為ですが、とうとう俺の財布には現地通貨がギリギリの状態に。
なので極力使わないようにしたかった。

IMG_4986b.jpg
こちらでチケットを購入します。
パスポートも必要です。

IMG_4990b.jpg
中はこんな感じ。

気さくなスタッフさんたち。

ボートの往復で5,000k。

IMG_4987b.jpg
まだ時間があったらので外でぼーっとしてました。

IMG_4991b.jpg
ボートが準備できるとスタッフが声をかけてくれます。
ここから1時間くらいの船旅。

俺はイスに座りリラックス。
そのまま寝てました。
気付いたらミングォンに。

IMG_4993b.jpg
子供達は川で泳いでます。
気持ち良さそう!!

到着するとワラワラと人が集まってきますがこれは無視。
IMG_4994b.jpg
こういうのに乗せて街を案内してくれますが、全然歩ける距離に見所があります。

IMG_4996b.jpg
まずは船着場近くのサットヤーパヤーへ。
その間も子供2人がずっと付いてくる・・・
でも俺は日本語オンリーで金は払わないからねと。

そしたら英語しゃべれないの?って聞かれた(笑)
面倒だったからウンって答えたらどこかに消えて行ったな。

IMG_4997b.jpg
真っ白ですね。

IMG_4998b.jpg
この仏足石が見たかった。

IMG_4999b.jpg
逆光でいい感じ。

IMG_5000b.jpg
あっというまにこの寺終了。

IMG_5002b.jpg
そして次に見えて来たのはこちら。
一番ここで見たいミングォンパヤーの入り口を守っていたライオンの像。

IMG_5003b.jpg
今は崩れてしまいどこがライオンだったのか定かではありません。
でもスゲーデカイ像だったらしい。

そしてその目の前にそびえるのがこちら。

IMG_5006b.jpg
ミングォンパヤー!!

コンバウン王朝のボードーパヤー王が世界最大の仏塔を造ろうとした跡。
結果完成することは無く、地震などでヒビも入り今では上部ですら上ることができなくなっていました。
(ガイドブックは上れるって書いてあったのに)

IMG_5008b.jpg
完成していれば間違いなく世界一の仏塔になっていたとのこと。

IMG_5009b.jpg
昨日のボディータタウンもそうだけどミャンマーはデカイのが好きなのかな?

IMG_5010b.jpg
中は至って普通でした。

IMG_5012b.jpg
街の様子はこんな感じ。
基本お土産物屋さん。

IMG_5013b.jpg
続いてはミングォンの鐘。
巨大仏塔の為に造られた鐘で、ヒビの入っていない鐘としては世界最大だって。

IMG_5014b.jpg
やっぱ中に入りたいよね。

IMG_5015b.jpg
中はこんな感じ。
落書きだらけで嫌だなー。

IMG_5020b.jpg
続いてシンピューメェ。
7段の回廊は波状の手すりで囲まれており、これはスメルー山の山並みを表現しているとか。

IMG_5021b.jpg
回廊にポツンと置かれた仏像がシュールで。

IMG_5026b.jpg
仏塔の上からはエーヤワディー川が。

これでほぼ見所終了。
この時点で11時。
帰りのボートが13時。
2時間もある。

金があったら飯でも食いたいところだけど今はお金が無い。
なのでこの仏塔の風通しがいいところでしばし仮眠。
昼過ぎくらいにメッチャ人が入って来ちゃって退散。

ボートに戻って座って待ってました。
でもスゲーお腹が空いた。

IMG_4992b.jpg
バッグの中を見てみるとバナナチップスが!

あ、昨日バイタクの兄ちゃんに貰ったんだ!

これをポリポリしながら帰りました。

宿に着いたのは14時くらい。

心配だった明日のシェアタクシーの事について聞こうと思ったけど朝のスタッフがいない。
仕方が無いので別のスタッフにシェアタクシーについて聞いてみたら、その時間だと遅いですと。

じゃあ朝予約したものはキャンセルして時間を早めてもらう事に。

結局シェアタクシー会社に連絡すると俺の予約が入ってなかったとの事。
あれ?何でだろう。
あいつは予約するって言ってたのに。
まだしてなかったのかな?

まあ結果オーライ。

そして最後の日にひもじい思いをするのはいやじゃ!と思い10ドルだけ両替を。
今日は銀行がやっていなくてホテルでやって1ドル850k計算。
すげーレートが悪い。
でも仕方ない。

IMG_5027b.jpg
それを握りしめ王宮の横を通り向かったのは。

IMG_5028b.jpg
カレー屋さん!!

IMG_5029b.jpg
どうしてもエビカレーが食べてみたかった。

IMG_5030b.jpg
辛いカレーと魚のふりかけ、そして辛くないカレーが2品と野菜とスープ。最後にバナナ。
ご飯おかわり自由!!
水を入れて4,400k!!

最後の晩餐です(笑)

エビが頭の部分までしっかりあって、ミソがメチャ美味い!!
カレーのスパイスや辛さにエビの旨味が邪魔される事無く、逆にエビの旨味が引き立てられている。
そんなカレーでした。
ってかとにかく美味いぜ!!

IMG_5031b.jpg
王宮の南側にあります。

IMG_5032b.jpg
ガイドブックにも載っているのでわかりやすいです。

途中Air ASIAのデスクがあったので立ち寄りウェブチェックインができない事を説明。
宿のWifiなんて全く使えなかった。
すると確認してくれてしかもフライト時間は変更になっていたらしい。
2時間も遅くなっていた。
帰ってシェアタクシーが変更可能か確認しないと。

IMG_5033b.jpg
その後は宿近くのナイロンコールドドリンクへ。
ここでシェイクが飲みたかった。

IMG_5037b.jpg
アボカドシェークを頼もうとしたがアボカドが無い様子。
なのでクリームソーダシェークを。1,000k

IMG_5038b.jpg
ナイロンホテルの目の前にあります。
他のスイーツも食いたかったぜ!!

シェアタクシーの件は変更可能で9時30分ピックアップにしてもらった。
シェアタクシー代4,500k

部屋に戻ってしばし休憩。
そして荷物の整理も。
結局クソ暑いマンダレーでは最初の目的のチンロンを見る事はなく。
今度は大会が行われる時に来た方が良いなーと。

夜になってもさっきカレーがお腹に。
かなりおかわりしたからなー。

なのでビールだけ飲みに行く事に。

すると朝にシェアタクシーを頼んだスタッフが。
ちゃんとチケットゲットしたよ!!って話をしたら
「なんで俺が予約した方に乗らないんだ?」と。

全然話しがわからない。
ってか予約してなかったのは君だし。

どうやらこの人は個人的にシェアタクシー会社とやり取りをしているらしく、
聞けば別会社との事。

おいおいでも俺はもう金を持ってねーぜ!!
だから払えないし、1つのホテルが2つのシェアタクシー会社を使っている事自体おかしいだろ?
と切々と俺の理論を話す。

とにかく払うお金は無いし、君らのそのシステムはよろしくないよ。と。
向こうもわかってくれたみたいで、話はそこで終了。
でもなんか胸くそ悪い。

ミャンマー最後の夜に言いがかり。
でもそれで彼が何か気付くのであればそれはそれでいいや。
俺に落ち度はいっさい無い。

IMG_5040b.jpg
ビールを2杯飲み気持ちを切り替えてベッドに入りました。


あっという間のミャンマー旅。

明日バンコクへ戻ります。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




どうしても見たかったモンユワへ

Posted by 王子(ouji) on 31.2013 ミャンマー 2 comments 0 trackback
2013年3月31日

宿の朝ご飯はパンとコーヒー、玉子料理、バナナといたってシンプル。

それをいただき早い時間にモンユワ行きのバスターミナルへ。

IMG_4824b.jpg
こちらがバスターミナル。

宿から歩いて行けます。

IMG_4825b.jpg
こちらがバス会社のデスク。
ここでバスチケットを購入します。
ただ朝の便がほとんど埋まってしまっている・・・

昨日のうちに予約しておけば良かった・・・
でどうにか早いバスが無いかどうか聞くと今出るバスに席の空きがあるとの事。
ラッキー!!

IMG_4826b.jpg
こちらのバスでモンユワへ向かいます。2,000k

IMG_4827b.jpg
チケットはこんな感じ。

IMG_4828b.jpg
このオジちゃんがちょっと日本語が話せていろいろ会話を。
日本人の女性の友達がいるんだって。
チケットの世話もしてくれました。ありがとう!!

いざモンユワに向けて出発。

IMG_4833b.jpg
途中の橋はインワ鉄橋。
雨期と乾期で川幅が大きく変わり流路も一定しないこの国では大きな橋自体が珍しいとのこと。

IMG_4838b.jpg
向こうに見えるのが昔の橋。
今でも使われています。

これを越えるとザガインの街。

丘全体に仏塔が建っていました。
途中カウンムードーパヤーも見えてザガインはこれで来なくてよくなりました(笑)。

IMG_4839b.jpg
途中休憩を入れそして3時間30分でモンユワに到着。
もうお昼でした。
昼飯を食べようかなーと思っていたけどバイタクがわらわら俺に。

もう時間ももったいないから一気に見てしまおうと値段交渉。
5,000kからいっこうに下がりません。
でも5,000kでちゃんと帰って来れるのであれば、今日は時間が無いので折れる事に。

IMG_4840b.jpg
こちらのオジさんのバイクで行く事になりました。が、このオジさんの後ろの席が段ボール。
これはケツが痛いだろう!と思い、ジェスチャーで伝えると周りのバイタクバイクが笑っている。
結局別のバイタクで行く事に。
オジさんごめんね。
どうせ同じ料金ならケツが痛くないバイクを選ぶよ。

IMG_4841b.jpg
サングラスの柄の悪そうな兄ちゃんのバイクに乗り出発!
兄ちゃんはキンマを買いたいとキンマ屋へ。

そして再出発。
まずはタウンボッヂー寺院へ。
IMG_4843b.jpg
見た瞬間にヤラレました。
スゲー建物!!

IMG_4844b.jpg
バイクの兄ちゃんがこっちから撮れと。
名前を入れたかったんだね。

IMG_4847b.jpg
こちらから入ります。
入場料3ドル。
バイタクの兄ちゃんがガイドをやってくれます。
でも思いっきり現地語(笑)

IMG_4851b.jpg
中に入ったらまたビックリ。
スゲー雰囲気いい。

IMG_4852b.jpg
ちょうど昼だったからか自然光が入っていい感じに。

IMG_4855b.jpg
それよりなにより仏像の数がハンパ無い。

IMG_4856b.jpg
壁や柱、どこもかしこも仏像だらけ。
沢山の人がお祈りに来てました。

IMG_4858b.jpg
ヤバくない?小ちゃいのも全部仏像だよ。

IMG_4860b.jpg
みんなお祈り中。

IMG_4864b.jpg
ここには58万体を超える大小様々な仏像が置かれているとの事。

IMG_4867b.jpg
この小ちゃいのが沢山壁にあります。

IMG_4870b.jpg
これ好きな写真。
仏像に吸い込まれそう。

IMG_4872b.jpg
お祈りさせてもらいました。
バイタクの兄ちゃんがカメラマン。

IMG_4873b.jpg
この兄ちゃんと今日は回ります。

IMG_4875b.jpg
外見も内部も圧巻な寺院でした。

IMG_4878b.jpg
やっぱお坊さんと仏像は合うね。
これも好きな写真。

IMG_4881b.jpg
そして外側の写真スポットを教えてくれた。
美しい。

IMG_4887b.jpg
塔の1つ1つにも小さな仏像が沢山並べて置いてあります。

IMG_4896b.jpg
こんなヤツもいたりして。
可愛い(笑)

IMG_4897b.jpg
顔だけ人間だったりして(笑)

IMG_4898b.jpg
とにかく美しい建物です。

敷地内には塔があります。
それに登ってみることに。

塔に登れるのも男性だけ。
女性は登れません。

IMG_4909b.jpg
お爺ちゃんが俺らを撮れと。
見せてあげたら喜んでいました。
こっちの人は本当に撮られ好きだなー。
でも嬉しいです。
良い表情をありがとう。

IMG_4910b.jpg
塔を登って行きます。

IMG_4913b.jpg
登り切るとこんな感じ。
針山のような寺院が見られます。

IMG_4914b.jpg
一番上でちょっと休憩。

ここでバイタクの兄ちゃんとしばし会話。
結婚していて9歳の女の子生後23日の赤ちゃんがいるんだって。
笑顔で家族の話をしてくれました。
こういう話を聞くと値切れなくなる・・・。

IMG_4916b.jpg
こちらが塔の外観。
是非登ってください。

そしてもう1つのどうしても見たい物を見に。
タウンボッヂー寺院から15分位のところにあります。

途中バイタクの兄ちゃんが指差した方にはこちらが。
IMG_4917b.jpg

いたー!!

既にデカ過ぎるー(笑)


バイクで登って行きます。

IMG_4923b.jpg

デケー!!(爆笑)

下の人と比べるとデカさがわかると思います。

レーチョンサチャームニ
高さ115.8m
台座を入れると129、2m
世界を広く見渡して平和と安寧(あんねい)を守る意味が込められている仏像。

IMG_4925b.jpg
勿論一緒に撮ります。

IMG_4929b.jpg
手だけでも凄い大きさ。

IMG_4931b.jpg
中は仏教や仏陀に関する展示が。

IMG_4935b.jpg
でもまだ未完成で33階建ての27階までエレベーターで上がれるようになるとか。

今10階くらいまで階段で行けます。

IMG_4936b.jpg
横にあった小部屋は仏像の袖の部分だそうです。

IMG_4937b.jpg
この絵のヘタさがウケる(笑)

IMG_4938b.jpg
建造中の様子も。
これ作るの大変だろうな。

IMG_4942b.jpg
マンダレーに来たら絶対にこれは見たかった。
これてよかったです。

ここにはまだ他にもデカイのが寝ています。

IMG_4945b.jpg
シュエターリャウン
全長111m、幅10m以上
比較する物が無いからわかるずらいけど。

IMG_4946b.jpg
中はちょいと汚いな。
仏像や仏陀の物語が展示してありました。

IMG_4953b.jpg
外に比べると涼しいので子供達はここで遊んでいます。

IMG_4956b.jpg
因にここは涅槃像の足元です。

IMG_4957b.jpg
途中のパヤーから撮影すると全体が撮れるよってことなのでそちらのパヤーへ。

IMG_4961b.jpg
バッチリ撮れました!!

IMG_4963b.jpg
そして記念撮影までしてくれた。

IMG_4968b.jpg
トイレに行ってから帰ろうとバイタクの兄ちゃんを待っていたら、こんなファンキーな子が(笑)

IMG_4971b.jpg
鉄道が横切ります。

IMG_4973b.jpg
今度は絶対に鉄道で!!

帰りの時間も考えて急ぎ足で回ったけど大満足。
15時にはバスターミナルに到着する事ができました。

バス会社のデスクまでバイタクの兄ちゃんは来てくれてバスのチケットを手配してくれます。
ただここで問題が。
なんと18時までバスがフル・・・

マジか!?

もう一社マンダレー行きのバス会社があるらしくそこで聞いてもらったら17時に数席空きが。
後方の席だったけどここで3時間も足止めくらうよりまし。
チケットを購入してバイタクの兄ちゃんに5,000kを払いバイバイしました。

朝から何も食わずで水もお湯に変わり、途中は現地の人が飲んでいる水かめの水しか飲んでいなかった。
まずはジューズでも、と商店へ。

400kのジュースを飲んで座る所を探すと、商店の兄ちゃん達がこっちに座れと。

ジュースの蓋を見て、
「お前100k当たってるぞ!」と。

え?このドリンク当たりがあるの?
早速商店に持って行ったら100k返ってきた!
ラッキー!!

そこでしばらく兄ちゃん達と雑談。

そろそろ腹が限界なので飯屋でおすすめは?と聞いてそちらへ。

店に入って飯何かある?とジェスチャーと英語で。
でも英語が全く通じない。
身振り手振りをしていると英語の話せる女の子が横に。
何が食べたいの?私が言ってあげると。

注文を待っている間も同じ席に座り英語で会話を。
彼女はマンダレーよりも北のショッピングモールでお店をしているとか。
これからヤンゴンに買い付けに行くんだって。
名前はスウェーティー。
なんて甘い名前だ。

IMG_4977b.jpg
シュエタウンカオスエを。600k

スウィーティーがもし味がダメだったら言ってね。って。
言った所でどうするんだろう?と思ったけどまずまずの味だったので問題なし。

IMG_4978b.jpg
メールを教えてと言われたので連絡先を交換。
ミャンマー語でTAKUJIってこう書くらしい。
スウィーティーは別の所へ消えて行った。

まだまだ暇な俺。
今度はスタッフの男の子を捕まえて現地語で話を。
英語が使えないから適当におうむ返し。
写真を撮ろうとすると隠れちゃう。

IMG_4979b.jpg
こいつはかなりシャイなヤツだなと隠し撮り。
見せたら笑ってました。

このお店が店じまいなのか中のイスを片付け始めた。

バスまでまだ1時間ある・・・

仕方が無いのでさっきの商店でジュースでも買おうと思ったらスウィーティーが声を掛けてきた。
座る所を確保してくれてスウィーティーが通訳しながら現地の方と会話。

いろんな現地の話が聞けて貴重な時間でした。
みんな親切で笑顔で。

あっという間にバスの時間になりました。

スウィーティーにお礼を言いバスへ。

IMG_4980b.jpg
今日は白馬交通でマンダレーまで帰ります。

途中休憩が。
でも飯は食わずトイレだけにしました。

バスに再び乗車し隣に座っていた男の子が話かけてきた。

聞けばドクター。しかも歯科医。
グループで来ていて9人くらい。
彼以外は学生との事。

ミャンマーの話や現代のマンダレーに住む若者の話などなど聞いてみた。
チンロンはやるのか?と聞いたら、僕らは中華系だからやらないと。
へー人種でやるやら無いがあるんだね。

どこで降りるの?と聞かれ、バスターミナルで降りるよと。
そしたら彼が一緒に降りてホテルまで送って行くよと。
せっかくなので甘える事に。

バスを降るとそこには彼のお父さんの車が。
迎えに来てくれたついでに俺を送ってくれるとの事。

車は綺麗でどうやらマンダレーの金持ち層のようでした。

彼とは連絡先を交換しました。
お父さんにお礼を言いホテルに到着。

本当にミャンマーの人は良い人だらけ!!

IMG_4981b.jpg
とにかく喉が渇いたので速攻でシャワーを浴びシービアーを。
今日は2杯飲んでそのまま眠りに。

モンユワはかなりお勧めです。
マンダレーに来たら1Dayトリップで是非。

そして道中のミャンマーの人々に感謝。
オヤスミなさい。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 HOME 

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。