スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産バールベック&アンジャル ほとんど人いない!!

Posted by 王子(ouji) on 17.2014 レバノン 3 comments 0 trackback
2014年2月17日

レバノン7日目

明日が昼のフライトなので、実質最終日となりました。

最終日も忙しいです。

今日はベーカー高原に向かい、世界遺産2個攻めます。
これがクリアできれば、レバノン世界遺産コンプリートです!!

まずはバールベックへ。
ドミで仲良くなったムスタファオジさん曰く、

「危険だからやめた方がいいよ」って。

どうやら事件があったみたいで、そっち方面は今危険だとか。
でもWebを調べてもそれらしい話は一切出てこない。
多分こちらのニュースでGetした情報なのだろう。

でもやっぱり見たい!

俺はとりあえず行く事にして、危なそうなら引き返してこようと。

IMG_8071_201402190200408be.jpg
早朝7時前に出発。
朝のベイルート。

ここからバスでコーラのバススタンドまで行こうと思ったけど、15番のバスを止めてもコーラに行かないと言われ断念。
セルビスを止めて2000LPでコーラまで。(136円)

コーラからバールベック行きのワゴン型セルビスに乗り換え。
でもこのセルビスが人が集まらないと出発しないらしい。
早朝に出てきたのにここでしばらく足止め。

IMG_8073_20140219020045031.jpg
なので朝食を。
すっと気になっていたこのパン。

どうやらパンにチーズを挟んで焼いてくれるらしい。

IMG_8076_201402190200486f8.jpg
これがメチャ美味かった。
コーヒーと共に。パン1500LP。コーヒー250LP。合わせて120円。

1時間以上待ってやっと人数が集まった。
やっと出発。
早起きしたのに・・・。

でも出発できただけいいか。

途中の大きな街に寄りながら昼前にバールベック付近に到着。5000LP(341円)
このセルビスはバールベックに行かないみたいで、一緒に乗ってたおじさんが一緒にセルビスに乗り換えしてくれた。

そういえば何か危険な事があるかな?と思ったけど何も無し。
途中レバノンでは初めてのIDチェックがあったけどね。

そしてやっとバールベックに到着。2000LP(136円)
彼はここが地元で、遺跡まで案内してくれた。
途中知り合いのお土産屋に連れてかれて、ガイドブックや頭に巻く布を押し売りされたがきちんと断りました。

IMG_8081_20140219020055613.jpg
入り口前にも遺跡が。

IMG_8082.jpg
バールベック遺跡。15000LP(1000円)

バールベック (アラビア語: بعلبك‎; Ba‘albakk、バアルバック)とは、レバノンの東部、ベイルートの北東約85km、ベカー高原の中央にある古代遺跡である。
ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。

バールベックとは「ベカー高原の主神」を意味し、ここにフェニキアの神ハダド(バアル)が祀られていた事に由来するといわれ、本来はフェニキア系の神々の聖地だったと考えられる。
しかし後にギリシア・ローマ系の神々と習合し、祭神はジュピター・ビーナス・バッカスと呼ばれるようになった。
遺跡はこれら三神をそれぞれ祀る三つの神殿から構成されている。
世界でも有数のローマ神殿跡である。

IMG_8083_20140219020132e67.jpg
いきなり神殿の入り口から。
迫力あります。
かつては幅43mあったという階段は、マムルーク時代に石材としてはぎ取られ、近年修復されて狭い階段が付けられているとの事。

IMG_8085_20140219020157646.jpg
世界遺産マーク発見。

IMG_8086_201402190201509f7.jpg
六角形の前園。

IMG_8088_20140219020156445.jpg
遺跡がろごろごです。

IMG_8090_20140219020145a33.jpg
今日はマジで天気が良い。

IMG_8093.jpg
プール後。

IMG_8095_20140219020310137.jpg
そしてメインは勿論こちら。

ジュピター神殿の6本の大列柱

見事。

IMG_8101_20140219020305f74.jpg
そしてその手前にあるのがバッカス神殿。

IMG_8099.jpg
大きなモザイク画。

IMG_8103.jpg
柱、そして天上の装飾が凄い事に。

IMG_8104_20140219020435753.jpg
この状態で残っているのがありがたい。修復もしてるだろうけどね。でも見事。

IMG_8105.jpg
神殿内部はこの通り。

IMG_8109_20140219020423c04.jpg
せっかくなので飛んでみました!!
俺のカメラのセルフタイマーが10秒なので、この距離はかなりギリギリだった。(笑)

ってかこの遺跡ももの凄いのに人がほとんどいない。
警備の人くらいしか見てないんですけど。
レバノンの世界遺産ってみんなこういう感じなのかな?

IMG_8111.jpg
風化はしてるけで、エンジェル的なのが。

IMG_8112_2014021902044082a.jpg
当時はどんな感じだったのでしょうか。

IMG_8116.jpg
でもやっぱり目を見張るのはこちらの柱達。
ってかそら青いー!!

IMG_8120.jpg
ガオー!!(笑)

IMG_8122.jpg
バッカス神殿もThe神殿って感じの作りで美しい。

IMG_8123_20140219020603525.jpg
とにかくどこを撮っても絵になる。
レバノンでもここは抑えておきたい。

IMG_8131_2014021902060987a.jpg
神殿から山の景色が。
雪降ってるねー。中東に来るまで雪のイメージ無かったなー。

IMG_8133.jpg
どこあるいても遺跡ゴロゴロ。

IMG_8148.jpg
ジュピター神殿にて。(笑)
誰もいないからセルフタイマー。

IMG_8153_201402190207495a9.jpg
もう写真が止まりません。

IMG_8161_20140219020750926.jpg
祭壇の上に登って。
手すりとか無いからちょっと怖かったけど。
ってか遺跡登っても怒られないし。

IMG_8170_20140219020746bd5.jpg
世界遺産のテーマ聞きながら、もう一回バッカス神殿に。

IMG_8172_20140219020922d13.jpg
崩落した天上部分が置いてあった。
スゲー高い天井なのにこんな素晴らしい装飾が。

IMG_8184.jpg
本当に当時どんな感じだったのか、タイムスリップしたいくらい。

IMG_8191_20140219020905543.jpg
最後に大列柱と!
思わず手が挙ります。(笑)

IMG_8194_201402190209030ec.jpg
出口の所にミュージアムがあります。

IMG_8192.jpg
こんなモザイク画があったのか。

IMG_8206_20140219021029355.jpg
こういうのを見ると本当にどんなだったかが気になります。

IMG_8220_20140219021103939.jpg
良いもの見させてもらいました。

IMG_8224_201402190211036a8.jpg
遺跡の横にはなぜか馬とラクダが。
しかも人がいないし。

飼ってるんですか?(笑)

IMG_8225_2014021902105319c.jpg
バールベックの街も散策したかったけど、思いのほか時間が経ってました。

このままワゴンセルビスに乗って、今度はアンジャルを目指します。

シュトゥーラという街まで戻り、そこでアンジャル方面に行くセルビスに乗り換えます。
シュトゥーラまでなぜか3000LP取られた。(205円)多分2000で行けます。

IMG_8231_2014021902110477c.jpg
シュトゥーラからアンジャル村までは10分から15分くらい。1000LP(68円)
ガイドブックによると、ここから遺跡までは歩いて40分くらいとのこと。
とりあえず歩くか。
タクシー使うと高いだろうし、ってかタクシーいないし・・・。(苦笑)

途中後ろから来る車に親指立ててヒッチハイク。
でもなかなか止まってくれない。

そしてまた背後からモーター音が。
するとスクーター。
でもトライ!

そしたら止まってくれた。ヒッチ成功!

英語は通じないので、
「アンジャル、アンジャル」って言って乗せてもらった。

彼の用事があるであろう商店の前で降ろしてもらい、そのまま真っすぐ行けと。

俺はテクテク真っすぐ歩いて行く。

ドンドン歩いて行く。

そして迷子になる・・・。

え?なんで?真っすぐ歩いてきたのに。

しかも途中道聞いてきたのに。

どうやらアンジャルという名前のホテルやレストランもあるらしく、かなり紛らわしい。

俺はジェスチャーでアンジャルの遺跡の形を表現して聞くと、やっと正しい道を教えてくれた。

IMG_8232_20140219021200954.jpg
やっとの思いでアンジャル遺跡に到着。6000LP(410円)

アンジャル(アラビア語: عنجر‎)は、レバノンの東部、ベカー高原にあるレバノン唯一の城塞都市遺跡。
ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。
アンジャルは、ベイルートの東、約50km、レバノン山脈の麓にある。
ウマイヤ朝のワリード1世の命により、8世紀に建設されたといわれている。
ダマスカスとベイルートの中継地点に位置して古くから繁栄。
イスラムの権力者達の保養用の宮殿、モスク、公共浴場などの跡が残る。

IMG_8237_201402190212010a2.jpg
まずはモザイク画を。

IMG_8238.jpg
しっかり残ってるねー。

IMG_8248_20140219021158330.jpg
交差点の中央に柱が。

ってかこの遺跡は本当に俺以外誰もいない・・・。(苦笑)

そしてこの遺跡のハイライト!

IMG_8254.jpg
2段に組まれたアーチのある宮殿跡。

IMG_8264.jpg
コケとか生えちゃって、ラピュタみたい。

IMG_8263_201402190214141cc.jpg
ここも当時はどんなだったんだろう。

IMG_8286.jpg
今日はセルフが多いっす!(笑)
手が挙っちゃうー!!

IMG_8293_20140219021348511.jpg
2段アーチ見て満足満足。


IMG_8299.jpg
この遺跡を独り占めです。
いいのかなー。贅沢過ぎる!

IMG_8309_20140219021556d58.jpg
ただそろそろ日が傾いてきました。
ここからベイルートが遠いので、そろそろ帰る事に。

IMG_8315_20140219021614471.jpg
こちらが遺跡の入り口。
世界遺産とは思えない程の地味さ。

IMG_8317.jpg
こちらの看板を頼りに来れば迷う事も無いでしょう。

IMG_8318_201402190216115df.jpg
この右側に入り口があります。
わかりずれー。(笑)

ってなワケで、レバノン世界遺産コンプリート!!

やってやった。
観光モードのスイッチが入ると、俺はここまでできるんだ!

ってか多分レバノンには2度と来る気がしなかったので、心残りなく全てを見たかった。
大きな荷物を持ち運ぶのが面倒で、他の街に泊まれなかったのが悔やまれるが、歩くだけ歩き、見まくることが出来たと思う。

アンジャルから歩いて大きな通りまで。
そこでセルビスを捕まえ、シュトゥーラへ。1ドルで払った。

そう言えばお昼食べてなかった。
シュトゥーラでサンドウィッチを。2000LP(136円)

シュトゥーラからベイルートのセルビス5000LP(341円)

ベイルート・コーラからバスで宿まで1000LP(68円)

IMG_8319_201402190217506a4.jpg
夕飯はお気に入りのバーガー屋へ。

IMG_8321_20140219021807dca.jpg
どう見てもレバーだなってのを注文。

IMG_8322_20140219021730878.jpg
ミントやピクルスなど入れてくれて、メチャメチャ美味そう!!

ここの店員さんとも顔なじみになりました。
明日には俺は出発しちゃうんだけどね。

明日ここのお店がオープンしてたら、昼飯バーガーでもいいなー。

IMG_8323_20140219021758519.jpg
レバノン最後の夜は祝杯です!

ムスタファオジさんに絡まれながら。(笑)

ドミに新しい住人が。
そいつが日本映画やマンガが大好きで、そんな話で盛り上がりました。

彼が俺の名前をアラブ語で書いてくれた。

تاكوجي TAKUJI
هوسينو HOSHINO

書ける自信が無い・・・(笑)

未知の国レバノン。

中東最初の国で急ぎ足で回ったけど、遺跡や世界遺産よりもやっぱり人だね。

特に宿のドミが一緒のムスタファおじさんにはマジ感謝。

こんなおかしなレバノン人と一緒だったから、毎日帰ってくるのも楽しかったし、話できるのが嬉しかった。

特に今日は寝るまで横でうるさいのなんのって。
多分今夜が最後だからなー。

ムスタファおじさんが

「お前がいなくなると俺はまた一人だ・・・」って。

オッサン甘えるなよ!!(笑)

ビールでほろ酔いとムスタファおじさんの笑顔で今日も就寝です。

明日はレバノン脱出!!

さて次はどこかなー?


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング



スポンサーサイト

世界遺産レバノン杉へ レバノン人のホスピタリティーに触れる

Posted by 王子(ouji) on 16.2014 レバノン 1 comments 0 trackback
2014年2月16日

レバノン6日目。

キャッシュカード吸い取られやトラベラーズチェック換金不可など、金にまつわるトラブル続きで2日も身動きが取れなかった。
なので今日から残り少ないレバノン滞在動きまくります!

IMG_7930_201402180438188cc.jpg
ベイルートの朝。

ベイルートの東、シャール・ヘロウのバスターミナルまで歩きます。
トリポリ行きのバスが1時間待ちだったので、ミニバスタイプのセルビスで向かいます。
なんと2000LP。安い!!(135円)

トリポリのアブドゥル・ハミド・カラメ広場で下りて、そこからブシャーレ行きのバスを探します。
近くに居る人に聞いたら、
「今日は日曜だからそのバスは無い。」と。

えー・・・。

日曜に観光地に行くバスが無いってどういうこと?

同じバスに乗っていた青年が話しかけてきた。

「他に行く方法はある。朝ご飯は食べたか?」と。

彼はローカルの食堂に行こうと誘ってくれた。
今朝は朝食を食べていなかったので、彼について行く事に。

IMG_7934_20140218043844221.jpg
こちらのローカル食堂。

英語のメニューは勿論無く、軍人さんや地元の方々ばかり。

IMG_7933.jpg
そしてテーブルに出てきたのはこちら。

なんですか?これ。

とりあえず食べてみな!って。
一口パクリ。

ん・・・なんだろう。

聞けばヨーグルトに、ちぎったパンやナッツ、豆などを入れたこちらでは定番の朝食「ファッテ」と言うものらしい。

まあまあかな。慣れてくると食えるかも。

食べてる間も周りの人にブシャーレに行く方法が無いか聞いてくれている。
そしてさっきの乗り場から10時に出るバスがある事が判明。

彼はベイルートで働いていて週末家族のもとに帰る途中だったらしい。
年齢は俺の1つ下。
レバノンの事やつたない話で短い時間ではあったが楽しい一時を過ごせた。

お会計をしようとしたら、

「もう払ったよ!」って。

お金出すよって言ったら、

「日本や他の国でレバノン人にあったらそうしてあげて。」って。

格好良過ぎっしょ!!

ありがたくゴチになります。

IMG_7936_20140218043842f61.jpg
彼の名はムハンマド。(たぶんこの名字はこちらに沢山居ると思うけど。笑)
さりげないホスピタリティーに感謝。
彼は颯爽とトリポリの街に消えていった。

バスまで時間があったので、トリポリの街を散策。

IMG_7945_20140218044107d0f.jpg
街歩きの目印になる時計台。

IMG_7940.jpg
レインボーの階段発見!

IMG_7943_201402180441099c9.jpg
かわいいBMXも。

IMG_7947.jpg
広場に戻ってツーリストオフィスの前でバスを待ちます。
日曜だからツーリストオフィスもお休み。

IMG_7949.jpg
広場のここにあります。

IMG_7950_20140218044105639.jpg
その辺に座っている人にブシャーレ行きを尋ねると、彼らもバス待ちだって。

一緒に来たバスに乗り込みます。

IMG_7962_20140218044144627.jpg
バスが出発するとなぜか皿が回ってきた。
外を見るとお菓子を配っている。
なぜかわからないけどお菓子Get!
これ美味しい。

バスはグングン山を上がって行く。
ブシャーレは1450mの高地にある。
バスの中でも寒さがわかる。

ブシャーレの街に到着。
運転手の兄ちゃんがどこまでいくんだ?って聞いてきたから、
「Cedars」と答えたら、どうやらこのバスはそっち方面までいくらしい。

グングン山道を登ってブシャーレから5キロ先のレバノン杉の群生地に到着。
バストータルで10000LP(683円)
たぶんボラれてるけどここまでダイレクトでこられたので素直に払いました。


ガイドブックではレバノン杉保護区は5月下旬から降雪時期までしか開いてないと書いてあった。
なので来ても見られないかもって思ってたので、ここまで来られてラッキー!

IMG_7963_2014021804421537a.jpg
目の前には2番目に大きなレバノン杉が。

IMG_7970_20140218044214d43.jpg
木にはマリア様。

IMG_7964.jpg
バスが一緒だったCD売りの少年。

IMG_7971_20140218044218fb2.jpg
道沿いにお土産屋さんも。

IMG_7973.jpg
自然に落ちた枝や木から作ってるらしい。

IMG_7975_20140218044314243.jpg
レバノン杉はレバノンの世界遺産です。

レバノン国旗
国旗の中心にデカデカとあります。
杉って言われてるけど実際は松科。

IMG_7978.jpg
フェニキア人はレバノン杉の巨木で、外洋航海に適した竜骨をもつガレー船を開発し、地中海の覇を成したとか。
木目の美しさと腐りにくさで建築材として最適だったことが、レバノン杉が激減した理由。
現在は1200本しかなく、3分の1が保護区に生えているとの事。
多くが樹齢1200年から2000年でだそうです。(歩き方参照)

IMG_7985_201402180443298fb.jpg
しかもシーズンオフだったのに保護区に入る事ができました!(ドネーション制)

IMG_7987_2014021804492466b.jpg
レバノン杉林(松だけど)中は空気がメチャ綺麗。

IMG_7991.jpg
立派な木。

IMG_7997.jpg
しばらく歩いているとだんだん靄がかかってきました。

IMG_8002_20140218044914c68.jpg
メチャメチャ幻想的。

IMG_8004_20140218044930932.jpg
途中の十字架。

IMG_8007_20140218045222b4a.jpg
そして一番奥にあるのがこちらの木。

IMG_8010_20140218045222093.jpg
木にキリストが彫られています。

IMG_8013.jpg
やっぱり俺、自然が好きだー。
ってなワケでレバノン杉群生地でパシャリ。

雪も降ってきてめちゃめちゃ寒いー。

帰りのバスはいつくるんだろう?
売店のおばちゃんにきいたらいつもだったらくるんだけど、今日は日曜だからなーと。

おばちゃんとしゃべりながらバスを待っても全く来ず。
おばちゃん曰くヒッチハイクの方が早いわよって。

なのでたまにくる車に親指立ててヒッチです。

でもなかなか止まってくれない。

そしてようやく1台の車が。
人の良さそうなカップルで、彼氏がこの村の人らしい。

ブジャーレの街まで送ってくれました。

プジャーレに着くとすぐにトリポリ行きのバスが。5000LP(341円)

IMG_8032.jpg
こんな渓谷を行きます。

IMG_8041_2014021804522857f.jpg
この辺りはかなり絶景。

ってかここ中東ですよね?

無事トリポリの街に到着。

IMG_8046.jpg
さっきはサラッとしか見られなかったので改めて街散策。

IMG_8048.jpg
トリポリのオールドスークもなかなかのものとか。

そろそろ靴が壊れ始めていたので靴屋さん巡りを。
でもなかなかセンスの良いのが・・・。

IMG_8051.jpg
肉解体中。

IMG_8054_201402180454060db.jpg
猫ちゃんゴミ漁り中。

IMG_8056.jpg
トリポリは綺麗というよりもダーティーな路地って感じ。

IMG_8060_201402180455308d6.jpg
こんなになるまで放置しなくても・・・(苦笑)

IMG_8062_20140218045532fc4.jpg
メチャ賑わっている所が。

どうやらサンドウィッチ屋さん。
地元の人だ次から次へと持ち帰りしていく。
勿論トライ!

IMG_8061_2014021804552952f.jpg
大量のコールスローとイモと肉!
これで4000LP(273円)
全部食べられない・・・。なので残りは夕飯に。

ワゴンセルビスが大量に停まっている所に行くと、すぐにシャール・ヘロウ行きのセルビスが。

IMG_8065.jpg
今日も無事観光終了しました。

IMG_8068.jpg
宿に戻ってペプシ。
これがたまらん!!

そしたらムスタファおじさんに今日の報告を。
なんかいつも捕まるんだよねー。
でも楽しいからいいけど。

IMG_8070.jpg
夜食作ってくれた。
シンプルにツナのサンドだけど、たまにレモン絞ったりとかしてくれて。
ありがたく頂きます。

レバノン人の優しさに感謝な一日でした。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング



無事カード取り返した!!

Posted by 王子(ouji) on 15.2014 レバノン 0 comments 0 trackback
2014年2月15日

レバノン5日目

昨日お金を引き出そうとしたら上手くいかず、しかもカードが戻ってこない。

海外あるあるのATMカード飲み込まれしちゃいました!

その話をドミのムスタファおじさんにしたら、一緒に銀行に行ってやると。

朝の9時に銀行に向かいます。
ムスタファおじさんはドバイで働いていた事もあり、そのときは沢山旅行をしていたらしい。

今はレバノンに出稼ぎ。
本当は山に住んでいるとか。

ムスタファおじさんのおかげで無事カードを取り返す事ができました。

そしてトラベラーズチェックの換金を手伝ってくれる事に。
でもどこのエクスチェンジも受け付けてくれません。
銀行も同じでした。

アメックスのデスクまで一緒に行ってくれたのですが、今日はお休みとのこと。

本当に中東の人って親切!

IMG_7906_20140218040849f1c.jpg
ボートは見たか?って宿ちかくのポートへ。

IMG_7907_20140218040852f4b.jpg
昔小室哲哉がこんなの持ってたなー。(笑)

IMG_7915.jpg
この辺が開発真っ最中なのはドバイなどの資本がほとんどとのこと。
おじさん曰く、レバノンも昔は良かったんだと。
そういうのわかるなー。

IMG_7912.jpg
こちらがムスタファおじさん。
陽気で酒と女が大好きな60歳。
メッチャ元気です。
道行く女を見ては「可愛いか?」って。(笑)

IMG_7916_201402180408513be.jpg
オジさんと別れて俺は朝食を。
クロワッサンにカプチーノ。最高!3000LP(203円)

IMG_7917_201402180416298c9.jpg
銀行周りなどしていたら今日どこにも行ける時間ではなくなってしまった。
宿でダラダラしていたらお昼を持ってきてくれた。

ご飯に豆やらなんやら入ったもの。
ってかこっちでもお米食べるんだねー。
これが美味かった!ゴチです。

IMG_7923_20140218041658b20.jpg
今お世話になっている宿。
こちらが入り口。

IMG_7921_201402180416252b1.jpg
ペンションだらけのビルです。

IMG_7920_201402180416262e4.jpg
日本ではありえないエレベーターで3階へ。

IMG_7918_201402180416291b8.jpg
ドアが年期入ってます。

IMG_7928_20140218041701c86.jpg
今夜はバーガーを。3500LP(237円)

IMG_7929.jpg
そしてお気に入りお菓子。
エンゼルパイのミニバージョン。これ美味いっす。1000LP(68円)

昨日今日とお金やらカードやらに翻弄されました。
レバノン滞在時間は限りがあります。

明日からはまた動きます!

まあ昨日今日はつかの間の休日ってことで。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング



 HOME 

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。