スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフルな島「Burano」へ そしてヴェネツィア最後の夜

Posted by 王子(ouji) on 26.2014 イタリア 0 comments 0 trackback
2014年4月26日

昨日夜に宿で出会ったロンドン留学生達がみんなオススメしていた場所へ向かう事にしました。

IMG_0805_2014051614244668d.jpg
宿の裏手の運河沿いを歩きます。

ってかこっち側に来るの始めてだったけど、こっちにもレストランとかあるんだね。

北に向かうと海に出ます。

IMG_0808_201405161424486a8.jpg
船用のガソリンスタンド。

そうだよね、ここは車が無いから全て海沿いにガソリンスタンドがあるんだね。

IMG_0810_20140516142500bb5.jpg
ヴァポレットという船がヴェニス周辺の島々を結んでいます。

IMG_0812.jpg
これで今日はブラーノという島を目指します。

IMG_0813.jpg
12番の船です。

IMG_0814_201405161426372e9.jpg
出発!

IMG_0820.jpg
まずば手前のムラーノ島へ。

ここも時間がある方は是非との事です。
帰りに寄れたら。

IMG_0821.jpg
そして到着したのがブラーノの島。
ヴェネツィアから約40分くらいかな。

IMG_0822_2014051614264115c.jpg
レースで有名な島らしいです。

IMG_0826.jpg
それより何より目を奪われるのはこの島の街並。

マジで?メッチャ可愛い!!

IMG_0827.jpg
反則ってくらい色とりどりの家々。

IMG_0832_20140516142809fa8.jpg
かわい過ぎぎるでしょ!

IMG_0838.jpg
マジでやられました。
洗濯物すらかわいく見える。

IMG_0842.jpg
どことして同じ色は無く。

IMG_0843.jpg
とにかくどこ見ても可愛く。

IMG_0847_20140516142850f9a.jpg
素敵な街の佇まいです。

IMG_0849_2014051614284966d.jpg
床屋さんもカラフルー。
日本では絶対にあり得ないセンスですね。

IMG_0854.jpg
きっと住人の好きな色を塗っているんでしょうね。
ネットで調べると、その昔、漁に出て行って戻ってくる時、冬の時期は深い霧で自分の家がわからなくなるので、鮮やかなペンキで家を塗ったとか。

IMG_0862.jpg
ウソ物のような見事な色分け、配色。

IMG_0864.jpg
もし住みたい方はこんな家がありますよ。

IMG_0865.jpg
結構空き屋が多いみたいでした。

IMG_0867_20140516142952e4b.jpg
赤のBMXめちゃ映える。

IMG_0869.jpg
素敵だなー。

IMG_0870.jpg
ちなみに街にはトイレが有料であります。

IMG_0871.jpg
散歩の楽しい島です。

IMG_0888.jpg
路地がとにかくいいです。
あー1軒別荘として家が欲しいなー。

IMG_0894.jpg
今日はこの島で腹ごしらえ。
ピザ1枚3ユーロ。
ってか高い!!

IMG_0898_20140516143104bf8.jpg
木陰でランチ。

IMG_0902_20140516143106c34.jpg
ヴォルツァーノでかったお菓子も。

一人で行動しているとついつい休憩を忘れてしまうので、きちんと水分補給して疲れたら休憩して。
大事です。

カラフルな島に魅了されつつも帰ることにしました。

そう言えば行きのチケットですが、船には売っていませんでした。

帰りはきちんと船乗り場でチケットゲット。
ワンウェイで7ユーロ。

宿で一息ついてまた散歩。

IMG_0916_20140516143108b3d.jpg
結局サンマルコ広場に来てしまう。

IMG_0921_201405161431395b5.jpg
サンマルコ寺院。
時間が合わず中は見ていませんが、表だけでも見事。

IMG_0937.jpg
その横のドゥカーレ宮殿横の川から、溜息の橋を。
地元の言い伝えによれば、恋人同士がこの橋の下で日没時にゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束されるのだという。

IMG_0943.jpg
夕刻が近いのでゴンドララッシュです。(笑)

IMG_0956.jpg
西日が当たっていい景色。

どうせならその景色を上から見たい!

IMG_0962_20140516143144191.jpg
ということでサンマルコ広場のカンパニーレに登ることに。

IMG_0963_201405161435170e1.jpg
8ユーロ。

エレベーターで一気に上へ。

って上来たら曇が出て来ちゃった・・・。

IMG_0964_201405161435189e3.jpg
でもまあ景色は最高。
サンマルコ広場。

IMG_0971_20140516143520ad4.jpg
右手前に時計台、そしてヴェニスの西側が。

IMG_0976.jpg
だんだん雲は出て来たが、それもまた美しい。

IMG_1002_20140516143522182.jpg
鐘楼はこんな感じ。

居る間にいきなり鳴って、音の大きさに全員ビックリしてました。

IMG_1007_20140516143535223.jpg
こちらはサンマルコ寺院側。
ゆっくりとこの場を楽しむ事ができました。
何故曇った・・・まあ仕方ない。

小腹も減って来たので昨日休みだったモーリへ・・・。でも今日も休み。残念。

なので今日もOstaria al Diavolo e L'Aquasantaへ。

IMG_1034_20140516143538c07.jpg
食べたかったのはヴェネツィア名物の「ビーゴリ・イン・サルサ」(アンチョビと玉ねぎの太麺パスタ)を。
英語、日本語メニューもあります。

IMG_1039.jpg
こちらもお気に入りになったスプリツァーと共に。

座りでしかこのパスタは食べる事ができないので、テーブルチャージなどがかかってしまいますが、でも食べないで後悔するより食べておきたい。

味は・・・まあ色々好みはあるでしょう。
俺は好きな方。
ってか太麺パスタが今まで食べた太麺とはまた違い、ここのオリジナルかな?

とにかくここは雰囲気がいいです。

IMG_1041.jpg

外に溢れるくらい、夜は賑わっていました。

チャージ、パスタ、スプリツァーで19.4ユーロ。
高いぜー。贅沢したぜー!!(笑)

こうやってヴェネツィア最後の夜が深けていくのでした。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



スポンサーサイト

ゴンドラ乗っちゃう?! バーカロで飲んじゃう?!

Posted by 王子(ouji) on 25.2014 イタリア 0 comments 0 trackback
2014年4月25日

ベニス2日目。

水の都ベニス。
ヴェネツィアともいいますが、とにかく予想通りの水の都っぷり。

ヴェネツィアの中には車が入れません。バイクも勿論自転車も。

交通手段は船のみ。

今日は早速憧れのゴンドラへ。
ベニスって言ったらゴンドラでしょ!!(笑)
The観光客でしょ!!(笑)

IMG_0634_201405161412040b1.jpg
こちらから。

いやー観光客っぽいことしちゃうんじゃん!なんて思ったでしょ。

ベニスまで来てゴンドラ乗らないのはねー。逆に罪ですよねー。

IMG_0636.jpg
ってなワケで乗り込みます。

IMG_0639.jpg
ボーダーTee兄ちゃんが運転してくれます。

IMG_0641_20140516141207a5e.jpg
やっぱベニスの船頭さんはボーダーじゃないとね!

IMG_0643.jpg
出発です。

IMG_0644.jpg
ベニスでゴンドラー。
楽しいー。

IMG_0647_20140516141243d1b.jpg
力強く漕いでくれます。

IMG_0648_20140516141246281.jpg
運河の真ん中だー。

IMG_0651_20140516141246efc.jpg
船の棚を見ると替えのボーダーTeeが。(笑)
かわいい。

ってなワケで対岸へ到着。

そう、これは運河を横断するだけのゴンドラでした。
これで
70セントだったかな?
乗船時間約2分。

これでベニスのゴンドラコンプリート!!(笑)

IMG_0657_2014051614124859c.jpg
対岸はリアトル橋を渡った辺り、魚市場が近いところです。

IMG_0659.jpg
目的はこちら。

でも休み・・・。

ベニスでも有名なバカリ(スタンディング居酒屋)。
カンディーナ・ド・モーリ。

場所が移転していて探すの大変だったけど、見つけても休みとは・・・。

ここで1杯引っ掛けようと思っていたのですが。

IMG_0663_20140516141346904.jpg
まあ仕方ない、別のお店へ。

目指したのはOstaria al Diavolo e L'Aquasanta

1998年にオープンしたそれほど古くないバーカロ(ベネチア風居酒屋)。しかしながらすでに超人気店とのこと。

ヴェネツィアで食べたかったのはまずこちら。

IMG_0668_2014051614134504a.jpg
「イワシの南蛮漬け」

IMG_0670.jpg
なので白ワインで。

IMG_0674.jpg
昼から地元のオジさん達がカウンターでワイワイ。

1杯飲んで会話してそして帰って行く。
そんな休日の昼間の過ごし方なんですような。

IMG_0679_20140516141517c5b.jpg
次はスプリッツァー。

IMG_0681_201405161415159d7.jpg
ライスコロッケ。

ってか雰囲気に酔ってしまいました。
かなり良いです。
メチャ美味いです。

IMG_0686_2014051614151702d.jpg
リアトル橋からすぐ近く。
Google MAPにも出て来ていたのでわかり易いです。

IMG_0687_201405161415172e0.jpg
お会計はこちら。

あ、イワシが高いんだな。
多分軽く飲んでもそんなにかからないです。
素敵。

IMG_0688_2014051614151919a.jpg
リアトル橋を渡って通りを真っすぐ進むと左に曲がる道が。
その道を進んで左のこの緑の街灯が目印。
是非です。

IMG_0689_201405161416303ba.jpg
ほろ酔いの俺は路地探検を。
いい雰囲気。

IMG_0691_20140516141632db6.jpg
そしてリアトル橋から。

IMG_0699_20140516141633a26.jpg
狭い水路に沢山のゴンドラ。
でもベニスっぽい。

IMG_0716.jpg
今日は祝日なので沢山の観光客、そしてパフォーマーが。

IMG_0720_20140516141636794.jpg
アカデミア橋から。

IMG_0722_20140516141800c25.jpg
いいっすねー。

IMG_0725_20140516141759801.jpg
車持つより先に船を持たないとここでは不便ですね。

IMG_0731.jpg
昨日夜にサンマルコ側から見たS.M.デッラ・サルーテ教会まできました。

ってか暑い。
かなり暑いです。

IMG_0735_20140516141803627.jpg
海藻が髪の毛のようにモワモワっと。

IMG_0738.jpg
向こうはサン・ジョルジョ。マッジョーレ教会が。

IMG_0748_20140516141857c8d.jpg
クソ暑いので戻る事にしました。

IMG_0757.jpg
今日はこの旗が沢山掲げられています。

IMG_0764.jpg
サンマルコ広場に戻ってきました。

IMG_0772_201405161419029e3.jpg
今日は解放記念日。
だから広場には解放を祝うイタリアの方々が沢山。

IMG_0781_2014051614190202d.jpg
ヴェネツィアの国旗は聖マルコを指す聖書を持った有翼の金のライオン。

重要な日ですが、さすが観光地ベニス。
お店は半分以上が開いています。

IMG_0786_20140516141935f17.jpg
ゴンドラも休み無し。

IMG_0798.jpg

ってかボーダー過ぎでしょ!(笑)

昼間頑張って歩いた為に、ちょっとグロッキー。

IMG_0804.jpg
宿で仮眠して夜のベニスへ。
ってスーパーに夕飯買いに行っただけですけどね。

残念ながらキッチンが無いので、どうにか安い食材を探して食べています。

でもスーパーがあるとこの物価の高いヴェネツィアもどうにかやっていけそうです。

スーパーマーケットに感謝。

宿で飯を食おうと思ったら共有スペースに大量の中国人が。

でもいいやとテーブルでご飯を広げたら一人の女の子がしゃべりかけて来た。
どうやらみんな中国系ではあるけどシンガポールや香港からロンドンのデザイン学校に留学している学生とか。

中にはファッションを先攻している子もいて、デザインや日本の事等々話が盛り上がりました。
久々こんな異国の若者と話したなーって。

彼らは明日の早朝ロンドンに帰るとのこと。
彼らからヴェニスのオススメを聞いたので、明日はそこへ。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



「アドリア海の女王」「水の都」「アドリア海の真珠」Veneziaへ

Posted by 王子(ouji) on 24.2014 イタリア 0 comments 0 trackback
2014年4月24日

お世話になったパトリック一家とお別れです。

エミちゃんは学校。

朝ご飯を一緒に食べて、最後に一緒に写真撮って、そしてバイバイしました。

泣きそうだったけど、俺もぐっと我慢。
笑顔でバイバイできてよかった。

昼過ぎに出る予定にしていたので、それまで準備を。
そしてエミちゃんにお手紙とブックマーカーを。

ランチに戻って来たパトリック氏とサキさんとランチして、そして二人が駅まで送ってくれました。

最後はバタバタで、ちゃんと挨拶もできなかったけど、本当にお世話になりました。

また絶対に会えるという確信がなぜかある。

絶対に戻ってくると。

笑顔でバイバイしました。

後から聞けば、エミちゃんは俺からの手紙を受け取り、物陰で泣きながらそれを見ていたそうです。

子供から大人への階段を登っている最中。
そんな別れを惜しむ娘の成長を見られた事が嬉しかったと、サキさんからのメッセージは大変心が温かくなる報告でした。

また一緒に遊ぼう!

さて、バッサーノから鉄道に乗り目指すはイタリア最後の滞在地、水の都ヴェネツィアです。

乗り換え無しで1時間30分位で到着。

IMG_0505_20140516140040135.jpg
駅の様子。

IMG_0506.jpg
そして駅を出るともうベニス!!

凄くない?駅の目の前がすでにベニスって。

IMG_0509.jpg
駅はこんな感じ。

予約していた宿へ。
とにかくベニスの街は迷路のようなので、事前に行く宿が決まっているなら、道順を確かめておいた方が良いです。
ベニスの宿はどこも高いです。
俺が予約したのはCasa Rosseta For Backpackers 
http://www.hostelsclub.com/reviews-jp-25125-Casa-Rosseta-For-Backpackers.html

ドミの部屋は微妙。
個人のプライバシーは全く無し、ってか大きめな部屋にベッド詰め込みましたってな感じ。

朝食付き、(パン、フレーク、ジャム、バター、コーヒー、紅茶、ミルクのみ)Wifiあるけど共有スペースで使用可。

IMG_0510_20140516140045998.jpg
駅から左へ。

IMG_0513_20140516140047431.jpg
こんな仮面がベニスっぽい。
カーネバルの時期は街中が仮装パーティーになるとか。
それも面白そう・・・。

IMG_0515.jpg
道なりに行くと広場に出てきます。
左奥に道あります。

IMG_0516.jpg
こんな教会とかも。

IMG_0517.jpg
奥の橋を渡ります。

IMG_0519_201405161401397f8.jpg
もう風景がTheベニス。

IMG_0520.jpg
レストランやカフェがめちゃめちゃある。

IMG_0521_201405161402580bc.jpg
ちょっとしたマーケットがある道を抜けます。

IMG_0522_20140516140259966.jpg
そうすると分かれ道が。
右に行くとサンマルコ広場。

IMG_0523_20140516140300de0.jpg
俺の宿はこれを左。

IMG_0524_20140516140302b83.jpg
こっちの通りに。
右にレストランがあります。

IMG_0525.jpg
左手にこんな路地が。

IMG_0526_201405161406021b6.jpg
そこを入って行きます。

IMG_0527.jpg
どんどん細くなる路地。
気持ちも心細くなりますが、そのまま進みましょう。
ってか路地あり過ぎでマジ迷う。

IMG_0528.jpg
すると正面に扉が。

IMG_0529.jpg
右にも扉が。

IMG_0530.jpg
一番上にホテルのブザーがあります。

無事到着。

寝るだけと考えるならまあ良いでしょう。
夜10時くらいには静かにしましょうって雰囲気なので。

シャワーを浴びて周辺の情報を確認して出発。

IMG_0535.jpg
夕方に着いたので、歩いているといい感じに夕刻へ。ってか夜だけど。

IMG_0541.jpg
リアルト橋。

IMG_0551_20140516140626664.jpg
水の都ですなー。

IMG_0558_201405161406263ee.jpg
そしてボーダーの街ですなー。

IMG_0561.jpg
こういう船に乗ったら幾らかかるのでしょうか?
橋からみているとアジア人が沢山流されてきます。(笑)

IMG_0574_20140516140726ace.jpg
そして街の中心サンマルコ広場へ。

IMG_0576_20140516140727012.jpg
ここは見所が沢山あります。

IMG_0593_201405161407283a7.jpg
サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会。

IMG_0601_201405161407300c6.jpg
そしてS.M.デッラーサルーテ教会。

IMG_0611_2014051614073208f.jpg
海沿いをちょろちょろ散歩して再び広場に戻ってきました。

IMG_0618_20140516140821370.jpg
広場の周りの感じが好きだなー。

IMG_0627.jpg
生演奏とかあって、雰囲気は最高です。
が、このカフェでお茶とかできません。
ここの物価の高さたるや・・・。

夕飯は近くのスーパー。
しかも時間が遅いと総菜が割引になります。(笑)
どこの国もシステムは一緒ですな。

とにかく最後の都市ヴェネツィアを楽しみます。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



 HOME 

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。