スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハをブラブラ そしてグビグビ

Posted by 王子(ouji) on 30.2014 チェコ共和国 0 comments 0 trackback
2014年4月30日

今日は特に予定無し。

見たい所は見たし、荷物など整理して昼過ぎに一応外に出てみた。

そう言えば宿近くに見える教会が気になっていた。

IMG_1764_201405161535033da.jpg
Kostel Sv. Ludmily聖ルドミーラの教会

IMG_1766.jpg
可愛いトラムがチリンチリンと。

IMG_1768.jpg
教会の前の広場には青空ピアニストが。
どこからこのピアノ出て来たんですか?

IMG_1773_20140516153507e72.jpg
教会内部はフラッシュ無しなら撮って良いと。

IMG_1774_20140516153511c57.jpg
天井が素敵。

IMG_1776.jpg
丁度日が入ってステンドグラスも光ってる。
なかなかよかったなー。

地図を開き見つけたのは公園。
リーゲル公園。

IMG_1778_20140516153543fbf.jpg
ここからもプラハの街が見えます。
素敵な公園。
平日の昼間っからかなり地元の人くつろいでます。いいねー。

ここには有名なビアガーデンがあるとのこと。

IMG_1780.jpg
ここかな?と思ったところはビアガーデンではなかったけど、外でゆっくりビールが飲めるので、ここで休憩。

IMG_1781.jpg
丁度ノラ・ジョーンズの好きなアルバムガかかっていてメチャ雰囲気良かった。

また地図を開いて周辺をチェック。

あ、そいえいばちょっと気になる塔があったなー。

休憩を終えてそっち方面に歩いてみると、建物の間から突然現れたのがこちら。

IMG_1783_201405161535483e8.jpg
テレビ塔。

IMG_1784_20140516153635118.jpg
近付くとなにやら塔を登っているヤツが・・・。

IMG_1787_20140516153636279.jpg

ああ!昨日公園で見た像が沢山塔にくっついてる!!

IMG_1797_20140516153638cac.jpg
マジこれ反則なんですけど。メチャ好きなんですけどこういうの。

塔が登れるとの事で早速エレベーターで。
180コルナ。900円くらい。

IMG_1803_20140516153640327.jpg
塔からの景色。

IMG_1807_2014051615364203f.jpg
アート展みたいなのもやっていて、変なイスが。

IMG_1813.jpg
中に入って座ると、この小さなスピーカーから音が出ていて、中に入らないと音が聞こえないようになっています。

街の雑踏の音から静かなヒーリング音楽に近い音まで。
休憩にはもってこい。
しばらく座って足を休めました。

IMG_1815.jpg
西日が塔に当たってます。

IMG_1821_201405161537516b2.jpg
昨日行ったプラハ城も向こうに。

IMG_1834_201405161537545ec.jpg
やっぱり街の様子が東京とは雲泥の差ですな。

IMG_1835_20140516153755bdb.jpg
区画ごとに区分けされた建物。
この風景が好き。

IMG_1840_20140516153851449.jpg
壁面は色が違えど屋根の色や雰囲気は一緒。
いい街です。

IMG_1857_20140516153849a4e.jpg
ちなみにここは93mでした。

IMG_1860_201405161538518f2.jpg
この塔、何気に良かった。

IMG_1866_2014051615385383c.jpg
その真下にユダヤ人墓地が。

IMG_1870_20140516153855b2e.jpg
なんか今回の旅はシナゴークにユダヤ人墓地と、ユダヤ系の文化が目に点きます。

IMG_1878_20140516153956955.jpg
テレビ塔の近くに有名なパブを発見。
飲むっしょ!

IMG_1875_2014051615395545c.jpg
この量で35コルナですよ。165円。

安い!!

激安居酒屋とか無理な値段だよね。
しかも35コルナでスペシャルビアーだからね。
他はもっと安いのだ。

そんなこんなで昼も夕方もビール堪能。

チェコ最高!

街もビールも環境も想像以上。

こんなに気に入ったのに、もう出なければなりません。

ヨーロッパラウンドは忙しいのです。

明日は早朝移動なので、今日はおとなしくします。

チェコ、プラハありがとう!


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



スポンサーサイト

プラハ城へ

Posted by 王子(ouji) on 29.2014 チェコ共和国 2 comments 0 trackback
2014年4月29日

今日はプラハのハイライト、プラハ城へ。

宿から川を渡って西側へ。
川沿いをゆっくり歩いて行きます。

IMG_1194_2014051615082292f.jpg
普通の建物なのだろうけど壁とか見事。

IMG_1195_20140516150823335.jpg
こんなのが普通にあるのがプラハです。

IMG_1197_20140516150825704.jpg
街並が素敵。

IMG_1200_201405161508304fd.jpg
川沿いのアートゾーンへ。

IMG_1202_20140516150828a2c.jpg
変なの発見!!

IMG_1206_201405161508426b6.jpg
これはツボですなー。

IMG_1208_201405161508431bf.jpg
こちらがカレル橋。

IMG_1209_20140516150844964.jpg
プラハ最古の石橋。
聖人の像が沢山あります。
美しい橋です。

IMG_1216_20140516150846373.jpg
西側の街も雰囲気いいです。

IMG_1217_20140516150848f44.jpg
街で見かけたマッサージ屋の呼び込みのサメ着ぐるみ。
なんかいつも寂しそうなんだよなー。(苦笑)

IMG_1219.jpg
やっとの思いでプラハ城の丘まで登ってきました。
結構時間がかかったなー。

IMG_1225.jpg
こんな所にも天下のスタバさんいらっしゃる。
しかもいい景色の場所。

IMG_1226_201405161509384cf.jpg
プラハ城の門です。

そしたら観光客を整理している人が。

IMG_1230_20140516150940030.jpg
そして突然若い兵士の列が通って行きました。

IMG_1239_20140516150942bce.jpg
音楽隊も一緒にね。

IMG_1244.jpg
プラハ城の入館料。

この敷地内自体は無料で入る事ができますが、主要な建物の中に入る為にはチケットが必要です。

IMG_1249_201405161510245f6.jpg
俺は4つの建物に入る事ができるプランのチケットを
250コルナ。約1250円。

IMG_1250_20140516151026329.jpg
それと写真撮影料。これが必要な場所があるらしい。

早速メインの大聖堂へ、と思ったが、学校の遠足かなんかで大量の学生達が先に並んでしまった。
こいつの後はちょっと嫌だ。

なのでメインは後回し。

IMG_1251_20140516151027a54.jpg
イジー広場へ。

IMG_1257_201405161510280fc.jpg
まずは正面にあるイジー教会から。

IMG_1259_201405161511360b7.jpg
こじんまりとした教会です。
現存する城内最古の教会と言われています。

IMG_1260_20140516151137c43.jpg
音響がよく。「プラハの春」音楽祭などでコンサートが催されるそうです。

IMG_1264.jpg
正面の天井画。

IMG_1275_20140516151140496.jpg
こんな像も。

IMG_1280_20140516151142bb1.jpg
小さいながらも細部まで素敵です。

IMG_1288_20140516151324fa6.jpg
正面の聖堂は後にしよう。

IMG_1295_20140516151324cf0.jpg
教会は2本の塔を持っています。

IMG_1296_2014051615132436d.jpg
お次は黄金の小道へ。

IMG_1304.jpg
入ってみると黄金とはほど遠いがかなりカラフルな小さい家々が。

1597年にできたもので、当時城に仕える従者が住んでいたとか。
やがてその一角に錬金術師が住むようになり、この名が付けられたといわれています。

IMG_1328_20140516151328e12.jpg
その中の青い壁、No.22の家。

IMG_1330_201405161515169cd.jpg
こちらがフランツ・カフカが1916年から半年間、執筆に励んだ家との事。

フランツ・カフカ(Franz Kafka, 1883年7月3日 - 1924年6月3日)は、出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させる[1]ような独特の小説作品を残した。その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。(Wikipedia調べ)

IMG_1332_20140516151517fd9.jpg
中にはカフカの書籍などが。

IMG_1345.jpg
それにしても小さなミニチュアみたいな家が沢山。

IMG_1348_201405161515212a0.jpg
中にはその当時の様子を再現した部屋も。

IMG_1358_20140516151522fb3.jpg
かわい過ぎでしょ。

IMG_1377_201405161515583bc.jpg
城の牢獄も。

IMG_1380_2014051615155927f.jpg
ちょっとヒンヤリした雰囲気だったな。

IMG_1382_20140516151603e9e.jpg
城からの街並。
今日は残念ながら曇りです。
晴れたらいい景色だろうなー。

IMG_1389.jpg
城を出るつもりがなかったけど、うっかり出てしまい、戻ろうと思ったらこの景色。

IMG_1400_20140516151604d81.jpg
どんだけ近付いても動きません。
これ本当に苦行だよね。

IMG_1402_201405161518275f2.jpg
城の横の公園へ。

IMG_1410_20140516151829876.jpg
公園からの風景もなかなか。

IMG_1416_20140516151830c78.jpg
この噴水というか像はか
なり過激ですが・・・。

IMG_1425_20140516151831ac8.jpg
そして階段を上がって再び城内へ。
すると丁度目の前が聖堂でした。

IMG_1426_20140516151832274.jpg
見事な装飾。

IMG_1429_201405161519421dc.jpg
でもその前に旧王宮を。

ここがカメラチケットを持っていないと撮影できないゾーンらしいです。

IMG_1430_2014051615194375d.jpg
俺はチケット持っていたのでパシャパシャ撮影です。

IMG_1437_2014051615194590a.jpg
天井の造りが独特で。
完成当時はヨーロッパ再田尾のホールであり、騎士の馬上競技や国家行事にしようされていたとか。

IMG_1462.jpg
宝石のレプリカ。

IMG_1464_20140516151948348.jpg
進入禁止のロープを支える支柱の土台にも紋章が。
こいう細かい所好きです。

IMG_1470.jpg
奥の部屋の壁や天井が凄い事に。

IMG_1478_201405161520444bb.jpg
やはりヨーロッパになると絵の雰囲気も変わってきますね。

IMG_1498.jpg
旧王宮は天井の肋骨状の梁が支えるアーチが印象的です。

IMG_1501_20140516152048967.jpg
そしていよいよメインの聖ヴィート大聖堂へ。

入ってマジ度肝抜かれた。

IMG_1511.jpg

広い!

ってか高い!!

IMG_1514.jpg
そして壁のステンドグラスはどれも見事!

IMG_1518_20140516152116708.jpg
左の入り口から3番目のステンドグラス。

IMG_1522_20140516152118379.jpg
こちらはアールヌーヴォーを代表するチェコ人画家。アルフォンス・ムハの作品とのこと。

IMG_1530_2014051615211952e.jpg
入り口の方のステンドグラスも見事。

IMG_1541_201405161521241bd.jpg
そして正面。

この空間は本当に見事だな。

IMG_1548.jpg
ってかステンドグラスの見事さが。

IMG_1565.jpg
キリスト像。

IMG_1583.jpg
どれも個性のある素敵なステンドグラス達。

IMG_1593_20140516152421692.jpg
右側のステンドグラス。
これも見事。

IMG_1627_20140516152422042.jpg
この旅で何個のステンドグラスに出会ったか。
ここはどれも圧巻です。

IMG_1632_20140516152456aee.jpg
ってか一番最後にしてよかったかも。

感動!!

大聖堂は是非。

IMG_1636_20140516152456216.jpg
正面戻ってきました。
門を守る像は「戦う巨人たち」というらしいが、どう見ても衛兵狙ってるよな。

IMG_1642_2014051615250205f.jpg
プラハ城の前の広場に面したところにあるschwarzen bersky palac。

IMG_1641_20140516152458485.jpg
壁が独特だなーなんて思ってみてました。

IMG_1644_2014051615250383c.jpg
近付いてみたらこれ、1つ1つちゃんと削って作ってた。
塗ったのかと思ってたからなんて手間のかかる壁だことって驚きました。
こちらも素晴らしい。

城から別の場所に移動しようと城を突っ切ります。

IMG_1651_201405161526153ad.jpg
その前に綺麗なピンクの花が。

IMG_1654.jpg
素敵空間。

城の北側に出てきました。

IMG_1662_201405161526172c0.jpg
衛兵ご苦労!

IMG_1659_20140516152616cd9.jpg
いろんな観光客居ると思うけど、頑張れ!

IMG_1669.jpg
北側をあるいているとベストビューポイント発見。

写真撮ろうとしたら中国人団体ツアーがココに。
すぐさま退散しました。

IMG_1678_20140516152837307.jpg
フラフラ歩いてついたのがこちら。

IMG_1679_20140516152838f48.jpg
なんか綺麗なところ。

IMG_1680_20140516152841088.jpg
なんと王の公園に来ていたみたいです。

IMG_1684_20140516152840f93.jpg
建物の中には時間が遅く入る事ができませんでした。

IMG_1688_201405161528428b7.jpg
でも周りの彫刻も見事で、ツアーの人達が熱心に話を聞いてました。

この辺りから宿まで行けるトラムの線があるみたいで、それで一気に宿まで帰る事に。
でもチケットが売っていません。

IMG_1689_201405161528560a1.jpg
カンを頼りにあるいていると地下鉄駅発見。
ここでチケットを買います。

IMG_1690_20140516152859880.jpg
一番左上は90分有効なチケット。
俺は帰るだけなのでその下の24コルナのチケットで。

IMG_1691_20140516152859219.jpg
値段と詳細はこんな感じです。

IMG_1699_20140516152900f06.jpg
チケットを買ってとラム乗り場に戻ると丁度トラムが到着。
可愛い。

IMG_1700_20140516152902042.jpg
チケットは中にある打刻機に入れて乗った時間を打ちます。

無事宿前まで帰ってきました。

また昼食べるの忘れてるーしかも腹減ったー。

ってことで宿に戻って料理。
そして食う。

夕方の散歩へ。

IMG_1701_20140516152939b0a.jpg
国立博物館の姿がなんか好き。

IMG_1707_201405161529413fb.jpg
歩いて途中ビール飲んだりしていたら夜に。

IMG_1709_20140516152941d00.jpg
あまり危険を感じさせないプラハの街。
勿論家の無い方々もいらっしゃるようですが、ある程度人も歩いているので、そんなに危険な臭いを感じません。

あ、1回道を間違えたというかそこしか行けなくて、小さい地下道に3人大人が。

完全に注射器持ってたので引きましたが・・・。
それくらい。
道を外さなければ問題ない国と見た。

IMG_1710_20140516152943ee6.jpg
夜の博物館。
見事。

IMG_1732.jpg
天文時計も夜ライトアップ。

IMG_1734.jpg
夜の旧市街広場。

IMG_1744_20140516153042795.jpg
ライトアップ素敵じゃないかー。

IMG_1750.jpg
時計塔も見事。

IMG_1756_201405161530454c6.jpg
そして夜のあいつを見に。

IMG_1758_201405161530466d7.jpg
かなり雰囲気いいっすよー。

IMG_1762_20140516153225fb4.jpg
なかなかこの街気に入った!

夜遊びもそこそこ、宿に帰ってご飯食べました。

同じ部屋のスリランカ系イギリス人がメチャ陰謀論者のベジタリアンで、話すとメチャ面白い。
そいつとイスラエル人のパーティーピーポーが一緒のキッチンに。

なにやらプラハからちょっと離れた山でヒッピーパーティーがあるらしいと。

時間あったら付いて行きたかったー。
ヨーロッパで野外パーティーとか楽しそう!

それもタイミング。
次回は是非だな。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



プラハでFree Tour

Posted by 王子(ouji) on 28.2014 チェコ共和国 0 comments 0 trackback
2014年4月28日

昨日イタリアのヴェネツィアから飛行機でチェコ共和国プラハへ到着。

早速安くて美味いチェコビールをいただき、爽やかに朝を迎える事ができました。

今日はプラハの街を歩いてガイドしてくれるフリーツアーがあるとの事で、旧市街広場を目指します。

IMG_1100_20140516145509e78.jpg
宿から歩いて行けます。

IMG_1101.jpg
途中の国立博物館。

IMG_1104.jpg
噴水とかあって重厚な造りです。

IMG_1105_20140516145513736.jpg
その横には新館も。

IMG_1107_2014051614551351b.jpg
博物館の前に広がる通りが、ヴァーツラフ広場。

IMG_1109_2014051614555892f.jpg
ショップ、レストラン、ファストフードまで賑やかな広場です。

IMG_1110.jpg
そこを通って着いた旧市街広場には沢山の人が。

IMG_1111_20140516145559fcf.jpg
黄色や赤の傘がフリーツアーの目印です。
ここでチケットを貰います。

IMG_1112_2014051614560078d.jpg
まずは広場のカラクリ天文時計を。

IMG_1115_20140516145602526.jpg
ガイコツが時間を知らせる鐘を鳴らします。
どんな凄いカラクリが?と思ったらそれくらい。

みんなポカーンとなって終了。(苦笑)

IMG_1117.jpg
それからツアーがスタートしました。

IMG_1120_2014051614564783e.jpg
こんな感じで要所要所止まって解説をしてくれます。
勿論英語です。

IMG_1121_20140516145648cf6.jpg
聖ミクラーシュ教会。

IMG_1124_20140516145650fac.jpg
その横の建物にはFranz Kafkaの像が。

IMG_1130.jpg
川近くに移動してルドルフィヌム前へ。

ルドルフィヌム は、プラハにある音楽公会堂である。プラハにあるネオ・ルネサンス様式の建築物群の中でもっとも重要な建築物の一つである。とのこと。

IMG_1131_20140516145807bb2.jpg
橋の向こうにはプラハ城が。
これは次回に。

IMG_1132_2014051614580226e.jpg
近くの建物の壁にはJan parachの像が。
ヤン・パラフは、チェコスロバキアの大学生で、1969年ソ連の侵攻および占領に抗議して、ヴァーツラフ広場で焼身自殺した。「プラハの春」の英雄
とのこと。
こういう像や話はやっぱり一人歩きだと見過ごしてしまうところ。

IMG_1135_20140516145805d19.jpg
お次はシナゴークへ。

IMG_1138_20140516145805781.jpg
チェコにもシナゴークが沢山あります。

IMG_1141_201405161458491ed.jpg
ユダヤ人地区へ。

IMG_1140_20140516145847154.jpg
時計の文字盤がユダヤ人地区ならでは。

IMG_1144.jpg
こちらが旧新シナゴーク。

IMG_1149.jpg
イタリアやスペインではそんなに感じることが無かった、というか俺には見えていなかった、世界大戦でのユダヤ人迫害の歴史を身近に感じる事ができました。

IMG_1146.jpg
こういうサインのイタズラって大好き。

IMG_1150_201405161500154ff.jpg
この辺は高級ブランド街。

IMG_1151_20140516150015a1b.jpg
VUITTONってどこでもあるねー。

IMG_1154_20140516150017665.jpg
ってかプラハの街はどこもかしこも綺麗です。

IMG_1158_20140516150019a80.jpg
時々こいういうオブジェを発見します。

IMG_1161_20140516150020f93.jpg

こんな大胆なヤツもね!(笑)

みんなカフェで休憩などしていたら急な嵐が。

でもツアー続行。

IMG_1164_20140516150046742.jpg
火薬塔へ。
くすんが黒が印象的なゴシック様式。
17世紀に火薬倉庫として利用されたので、こう呼ばれるようになったとか。

IMG_1165_20140516150046a54.jpg
universitas carolina
プラハ・カレル大学(チェコ語: Univerzita Karlova v Praze、英語: Charles University in Prague)は、1348年に神聖ローマ皇帝カール4世によって創立された大学である。チェコにあり、チェコ語の正書法を確立したヤン・フスが活躍したが、設立者が神聖ローマ皇帝であるため「ドイツ語圏最古の大学」といわれる。とのこと。

IMG_1166_20140516150048c34.jpg
当時の面影はこの唯一のこった出窓のみとのこと。

IMG_1168_20140516150050f2a.jpg
そしてエステート劇場。
モーツァルトが「ドン・ジョヴァンニ」を初演したことで知られている。

IMG_1169_2014051615005155d.jpg
こんなところで何か観てみたい。

IMG_1171.jpg
そこにいるのはこちらの像。
なんか存在感あるなー。

そんなこんなで充実の約3時間のツアー。

雨に降られてしまったけど、途中で英語がわからないから脱落しようかなとも思ったけど、最後まで案内してもらってよかった。

ちなみにフリーと言えどもチップをお願いしますと言われます。
俺も少しだけですが、納めてきました。

IMG_1173_2014051615015650b.jpg
再び旧市街広場へ。

IMG_1175_20140516150156ed6.jpg
雨もちょっと上がって来たかな?

宿に戻って飯作ってそして散歩へ。

IMG_1180_201405161501597f3.jpg
宿からちょっと歩いた所に大きめのスーパーを発見。

こちらで食料を足す事に。
こういうスーパーが俺を助けてくれるのです。

IMG_1186_20140516150204a7b.jpg
いたって平和なプラハの街。
綺麗だし掃除もされてるし、警察も歩いてるから心配無し。

IMG_1190_201405161502457cd.jpg
宿の近くのお店には犬が売られてる!?
数日居て慣れたけど、ここが彼の特等席のようです。

IMG_1192_20140516150245182.jpg
こんな可愛い車まで宿の前に停まっちゃってるし。
こんな風景ですら、俺にはグッと来てしまうよ。

IMG_1193_20140516150248ef3.jpg
買って来た食材はこんな感じ。

全部で189.1チェココルナだから、945円。

まあ普通?
これで何日間も外食しないと考えれば安いかな。

早速余っていたトマトソースとひき肉でボロネーズスパを。
ビールと共にね。

キッチンが俺専用スペースになってます。
あまり時間が被らないからラッキー。

Wifiもギリギリ入るので、ネットしながら食事して飲んで、そしていい感じになったらベッドに戻って就寝です。

プラハ歩きして思った・・・ココ好き!


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



 HOME 

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。