スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンロック チャイティーヨーへ

Posted by 王子(ouji) on 16.2013 ミャンマー 2 comments 0 trackback
2013年3月16日

キンプンからヤテタウン、そしてゴールデンロックへ。

朝6時出発。
人の流れに乗っていけばヤテタウン行きバスターミナルに着きます。
宿のお土産物屋通りから近いです。

IMG_3600.jpg
早朝なのに人が多い事。

そして一緒のバスだった日本人の男の子達を発見。
同じ乗り合いバスに乗車。

IMG_3601.jpg
ってかもうすでに人が満杯なんですけど(笑)

IMG_3602.jpg
隣もすでにこんな感じ。

IMG_3605.jpg
俺の横に座っていた男の子。
タナカだらけです。
でも何度も顔が合い笑ってくれます。
ミャンマーの人はみんな笑顔。

IMG_3606.jpg
カオリちゃんは一番後ろの隅を確保。
飛ばされないでねー。

どれくらいこのバスに詰め込むのかと思ったら一列に大人6人で6列から7列。
子供は基本膝の上か抱える感じだから、50人くらいが乗る事になります。
マジでギュウギュウ。

そしてバスが出発。
山道を勢い良く登ったり下ったり。
バウンドするし急カーブもあるし、さながらジェットコースター(笑)
現地の人と笑いながら楽しいドライブでした。

IMG_3610.jpg
目の前の赤ちゃんはご就寝。
この子にずっと見つめられちゃって、メチャ可愛い。

IMG_3612.jpg
おばあちゃんがこの子は双子だよって。
もう一人もおネムな様子。

ガイドブックやWebの情報を見た時はチェックポイントで外国人は降ろされてそれから1時間の徒歩との事だったけど、結局山頂まで無事乗せてくれました。ラッキー。
下の宿やバス会社のお姉ちゃんの情報では徒歩っていってたけどな。
バス山頂まで2,500k。

IMG_3613.jpg
これが人を乗せる籠です。
足の不自由な人とかはこれがいいですね。

IMG_3614.jpg
山頂には商店が立ち並び朝はかなり賑やかです。

IMG_3615.jpg
外国人は途中のチケットセンターでチケットを。
6ドルか5000k。
5000kの方が安いです。

IMG_3616.jpg
ここから裸足です。
ビニール袋もくばっていました。
俺は持っていきました。

IMG_3617.jpg
途中の偽物。
たぶん偽物ではないけど本物は先にあります。

IMG_3619.jpg
見えてきました!

ゴールデンロック。

本当に金ピカ。

でも俺の印象は意外と小さい(笑)

女子は残念ながらゴールデンロックに触れる事ができません。

IMG_3620.jpg
ここからゴールデンロックに近付きます。

IMG_3622.jpg
ロックに金箔を貼ることができます。

IMG_3624.jpg
お坊さんもみんな金箔を。

IMG_3625.jpg
そして祈ります。

IMG_3626.jpg
言い伝えでは11世紀にある隠者が仏陀の頭髪を自分のまげの中に隠し持っていた。彼は国王に自分の頭に似た丸岩を探し出すよう要請。国王は海底にあった丸岩を山頂まで運び上げ、仏陀の頭髪をその上に祀ったという。
今も昔も屈指の巡礼スポットになっているとか。

これを持って来て置いたならスゲーなー。

IMG_3630.jpg
どんなバランスで置いたのか・・・

IMG_3631.jpg
青空に金ピカがスゲー映える。
正直申しますと、かなり写真映えします(苦笑)

IMG_3635.jpg
でもこの隙間を見る限り、本当にどんなバランスで置かれたのか・・・

IMG_3637.jpg
押したら落ちそうですが、試しに強めに押してもびくともしませんでした。

ちょっと休憩してパンを食べ、山頂の街を見ましたがこれと言ってあまり見る物も無く・・・

山頂に泊まりたい方はホテルが沢山あるので予約して行った方がいいのでは?
でもメチャメチャ高いです。
一部屋100ドルとか。
夕日と朝日を見たいなーと思って調べましたがあまりの高さにやめました。
お勧めされたのは夕日と朝日。
今度もし俺が来るとしたら野宿します。
寝袋もってその辺に寝るスタイルらしいです。

あっという間にゴールデンロック終了。
いろいろ見て回れば1時間30分はかかりますね。

IMG_3641.jpg
途中いろいろお祈りする場があるみたいなのでそれもコミカルで面白いです。
入ると入場料を取られるところもあるので、横目でチェックしました。

IMG_3643.jpg
最後は偽物と本物の間で。

帰りのピックアップもそんなに待たずに出発。

途中で料金徴収でストップ。2,500k
来た道を勢い良くジェットコースターで帰ります。

結局10時にはキンプンの街に到着。
バスがチェンジできないか確認したら12時のバスに変更可能。
これで早くヤンゴンに戻る事ができる。

宿でシャワーを浴びて昼を食べに。
昨日チェックしたローカルの屋台へ。

ずっと気になっていたピンク色の麺をトライ。

IMG_3644.jpg
お兄ちゃんが作ってくれました。

ピンクの色の調味料がなんなのかサッパリわかりませんでしたが、いろいろ調味料を混ぜてできたのがこちら。
IMG_3646.jpg
汁無しの担々麺って感じかな。
アッタオ。300k

スゲー美味い!

これにスープと野菜が付いてきます。

IMG_3647.jpg
カオリちゃんはモンティーを。

IMG_3648.jpg
いただきまーす!!

食べてる最中も周りからガン見されてました。
途中昨日話しをした屋台のお母さんが登場。
そして周りにはいつのまにやら現地の人が沢山。

食べ終わってみんなと会話。

IMG_3649.jpg
ガイドブックの後ろに乗っている言葉を頑張って使ってコミュニケーション。
みんな親切にいろいろ話をしてくれます。
基本英語は通じません。

IMG_3651.jpg
二人は結婚してるのか?とか
これからどこへ行くのか?とか。
ウチの娘を日本に連れてってくれとか。
言われた小さい女の子はお父さんの陰に隠れちゃった。

みんな本当に良い人ばかりです。

帰りにソーセージくれたりね。かなり脂っこかったけど・・・。
ありがとう!!(チェーズベンマーレ)

IMG_3652.jpg
泊まった宿はこちらです。

一部屋10ドルが相場です。

IMG_3653.jpg
バイクにはアウンサンスーチーさんが。

IMG_3654.jpg
カオリちゃんとは途中のバゴーでお別れ。
最後の2ショットを。
俺の脇汗は無視してください(笑)

カオリちゃんは沢山の国に旅をしていて、これから行く場所の事などいろいろ情報をくれました。
またバガンで再会できたらまたローカル飯とシービアー行こうね!

バスが来て乗車。
残念ながらエアコンが故障。
一番暑い時間帯に窓全開で俺やカオリちゃんは汗ダクでバスの旅。

どうにか寝た時にバゴーへ到着。
日本人の男の子2人もバゴーで下車。
また地球のどこかで!!

久々の一人旅再会です。

バゴーからすぐの所で休憩。

俺はトイレに行き出発を待ちます。

IMG_3655.jpg
今日は富山湾観光船のバスでヤンゴンへ行きます。

無事ヤンゴンへ到着。

泊まっていた宿に行ったらラッキーな事にシングルが空いていた。

10ドル。チャットで8,000kだったのに今日は9,000k

たった2日で値上げです。

この国恐ろしい。

明日はピーという街に行く予定。
鉄道を使いたかったので宿の人にチケットセンターはまだやっているか?と聞いたらやってると。
駅近くのボーヂョーアウンサン通りの予約発券窓口へ。
でもクローズ・・・。
ガイドブックによると朝の7時から15時までとのこと。

IMG_3658.jpg
諦めきれず駅まで行ってみる事に。
窓口で聞くとチケットは売ってくれるみたい。

IMG_3656.jpg
外国人専用の窓口があったので時間を聞いてみると13時発で8時間。
おいおい夜に着くじゃないか。
さすがに初めての街に夜着くのは宿探しが大変だ。
古いガイドブックには朝7時の鉄道があるはずだったが、今は13時発の1つしかだけとのこと。
鉄道を使いたかったなー・・・

IMG_3657.jpg
駅の様子はこんな感じ。

鉄道は諦めて駅の目の前のバス会社でピー行きのバスを取る事に。
ピーまでは午前の便が沢山あります。
1便だけVIPバスもありますがちょっと高め。
ピーまで4,500k。

バスも確保し夕飯を食べる事に。
スーレーパヤーの通りに屋台が沢山あったのでその中の1つへ。

IMG_3659.jpg
シャンカオスエという麺をいただきました。
魚のスープと高菜の漬け物が付いて600k

宿の目の前にもシービアーが飲めるところがあるので寝酒に一杯。

テーブルがなかったのでドイツ人のおじいちゃんと同席。
よく旅をしている恰幅の良いおじいちゃん。
孫が4人もいるんだって。
その間に現地の人も同じテーブルに。
出て来た料理を一緒に食べるか?って。
本当にみんな親切。
俺はお腹いっぱいだったので1杯で退散。
荷物をまとめて明日に備えました。

明日は新しい街に行きます。
ピイってどんなところだろう?

ミャンマー北上スタートです。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

▶ Comment

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2013.06.13 10:43 | URL | 株の税 #- [edit]
コメントありがとうございます。
また是非コメントください。
今はインドでYogaを楽しんでいます!

> とても魅力的な記事でした。
> また遊びに来ます!!
2013.06.17 03:00 | URL | 王子(ouji) #- [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/134-c92b4217

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。