スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの避暑地、ダージリンへ

Posted by 王子(ouji) on 22.2013 インド 0 comments 0 trackback
2013年5月22日

寝台車でコルカタからダージリンへ。

IMG_6181_20130529231450.jpg
朝6:45、予定よりちょっと早くダージリンの最寄り駅New Jalpaiguri駅に到着。
鉄道は車内放送など無いので、到着時間に近くに停車する駅で周りの人に「ここはどこだ?」って聞いて確認するしかない。
無事降りられて安心。

IMG_6183.jpg
New Jalpaiguriの駅はこんな感じ。

ここから乗り合いジープでダージリンを目指します。
駅前にいれば何処からともなく客引きがわんさか寄ってきます。
一緒の鉄道だったアメリカ人青年と一緒にダージリンを目指す事になりました。

IMG_6182.jpg
こんなジープで向かいます。
交渉したけど200ルピー。ちょっと高い気もするがまあ相場かな。

ただ人数が集まらないと出発してくれません。

IMG_6184.jpg
なので近くのチャイ屋で一息いれます。

IMG_6185.jpg
細かいお金を持っていなかったので、アメリカ人青年が奢ってくれました。ありがとう。

IMG_6186.jpg
子供も車の上で大きな声を出し客引きしてました。

IMG_6188.jpg
俺らは一番後ろの席。
体格のデカイアメリカ人青年は天井に頭がついちゃってます(笑)

IMG_6192_20130529231545.jpg
やっと人数が集まった物の、1列に4名というギュウギュウ詰め状態。

IMG_6193.jpg
一番後ろもインド人青年2人と俺ら2名で座るのがやっとな感じ。
これで200ルピーって金返せってアメリカ人青年が。
気持ちはわかるが多分別のジープでも一緒かなと思い、なだめて乗る事にしました。

IMG_6194.jpg
いざダージリンを目指します!

IMG_6197_20130529232345.jpg
街を出るとのどかな風景に。
しかも茶畑!!

IMG_6203.jpg
しばらくすると山道に突入。
屋根の上のおばあちゃん。
こっちめっちゃ見てます。

IMG_6223.jpg
どんどん山を登っていくと、いくつかの山の山頂には街が。
なんであんな山の上に街ができるのでしょうか?

IMG_6231_20130529232345.jpg
道端には学生がたむろ。
こっち見過ぎ!!

IMG_6233.jpg
途中にいくつかの街を通ります。

IMG_6234_20130529232918.jpg
このあたりになると、インド人とは別のネパール人に近い顔立ちの方が増えてきます。

IMG_6237_20130529232928.jpg
そして道沿いには線路が。
これはあのダージリン鉄道の線路?

IMG_6247_20130529232911.jpg
結構上の方まで上がってきました。
ここまでくると外の空気はヒンヤリしてきます。

空気が気持ちよくうたた寝。

しばらく寝ていたら突然周りのインド人に起こされた。
「カメラカメラ!」と言っている。
指差す方にはこちらが。

IMG_6251_20130529232918.jpg

世界遺産ダージリン鉄道です!!

IMG_6252_20130529233343.jpg

リアルに走ってる!

これが見られただけでも嬉しいです。
乗るのはお金が高いのと予約がイッパイなので、リアルに走っている所は見たいなーと思っていました。

ダージリンに着く前にミッション完了!

IMG_6255_20130529233339.jpg
そして見えてきたのはダージリンの駅。
約4時間のジープでの移動。
やっぱ1列に4人は疲れました。

アメリカ人青年は俺とシェアをするつもりだったみたいだけど、行く方向が高い宿の方面だった。
こっちの方が安宿があるよって言ってるのに、俺の方には来ようとしない。
仕方が無いからここでお別れをすることに。
またどこかで会いましょう!

IMG_6259_20130529233349.jpg
時計台のから近い安宿街の階段の途中にある「Prestige」でシングルを見せてもらう。
シングルで450ルピーとの事。
ガイドブックよりも遥かに高い。
なんでだ?って聞いたら、今はインドの夏休みでダージリンはハイシーズン。
だから高いんだって。

他の所も見てみたかったので近くの宿を何件か当たる。
300ルピーのところもあったが軒並みフル。
今日は移動で疲れていたのでPrestigeでひとまず落ち着く事に。

IMG_6258_20130529233345.jpg
荷を解いてたらレイズの袋がパンパンに。
ここは標高2,200メートルの街です。

IMG_6262_20130529233354.jpg
早速待ち歩きを。
中国雲南でよく見たチベット系の坊さんが。
ここはネパールも近いのでこういう袈裟のお坊さんも沢山います。
なんかインド感が無いなー。

IMG_6277.jpg
街の中心にあるクロックタワー。
これを目印に移動すると迷う事もないでしょう。

IMG_6267.jpg
チョウラスター広場を抜け進んでいくとこんな素敵な洋館も。
イギリスに占領されていた時代は避暑地として栄えた街。
なので様式の建物が沢山残っています。
俺こういう街好き。

IMG_6273.jpg
街には頭で荷物を運ぶ方達が沢山います。
アップダウンの激しく道も狭いこの街にはこういった運び屋さんが便利なのでしょう。
それにしてもたくましい。

IMG_6279.jpg
お腹がペッコペコだったので、宿近くの食堂へ。
今日はベジターリーを食します。
これで40ルピー。安くて美味い!

IMG_6280.jpg
こちらの食堂でいただきました。
店が狭くてローカル感満載です。

IMG_6278_20130529234315.jpg
食後は近くのショッピングモールへ。
中にはスーパーやドミノピザまで入って、ダージリンて意外と都会。

特に買うものも無かったのでそそくさと退散。

IMG_6284.jpg
それにしてもさすがの避暑地。寒いです。
なので久々お湯を沸かしコーヒーでも。
ダージリンでコーヒーとは。
でも美味かった!

しばらく宿で休憩をしてネットや調べものを。

夜になり昼間食堂を探したときに、メチャメチャ混んでて入れなかったお店へ。

IMG_6288_20130529235151.jpg
夜はタイミング良く入る事がで来ました。

IMG_6287.jpg
やっぱりベジターリーを。120ルピー。
ここはちょっと割高なレストランでしたが、そのぶん美味し!
やっぱ金出すと良い物が食えます。
俺が入った後すぐに満席に。
ここは地元の人や観光客に評判の店らしい。
ご馳走様でした。

IMG_6285.jpg
クロックタワーは夜はライトアップ。
しかも緑。
夜はかなり冷え込むダージリンでした。

無事ダージリンに到着。
インドでの初移動。
でも寝台車で楽々でした。

クソ暑いコルカタを脱出したので、しばらくダージリンでゆっくりしようかな。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング




▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/182-7e6dd394

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。