スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産 カジュラホ寺院

Posted by 王子(ouji) on 07.2013 インド 0 comments 0 trackback
2013年6月7日

緊急事態発生!!

旅の最重要アイテム、デジカメをスラれました・・・。

オーマイゴッド!!


画像データを移す作業を後手後手にしていたので、カジュラホ遺跡からのデータが全て無くなってしまいました・・・

カメラが無くなった事よりも、画像データが無くなった事がショックで。

でもこれも運命。

カジュラホ寺院の画像は、一緒に旅したソウ君のデータを頂く事ができました。

この場を借りて、本当にありがとう!

今回の日記は全てソウ君カメラの画像になります。
====================================

今日はいよいよカジュラホ遺跡へ。

昼は暑くなるので朝から活動します。
バラナシのユルイ生活からしたら、珍しく観光モードでやる気マンマンです!

朝ご飯はカジュラホ遺跡入り口近くのサモサを。

DSC_0881.jpg
このオジさんインド人にしては表情が豊で素敵。
しばらくやり取りして気付いたけど、多分声が出ない様子。
声が出ない変わりに顔の表情身振り手振りで答えてくれます。
朝から素敵なサモサ屋さんに出会えました。

DSC_0882.jpg
作ってる最中。

DSC_0883.jpg
揚げたてサモサが美味い!
1つ5ルピー。

そして別の屋台でチャイを。

ここでも日本語が流暢なインド人ガイドに絡まれる。
結局ガイドするのに1050ルピーって。

おいおい高過ぎっ!!

丁重にお断りして早速中へ。

インド人10ルピー、外国人250ルピー。
この差をどうにかしてほしい。

DSC_0884.jpg
インドの遺跡の中でもどうしても立ち寄りたかったカジュラホの遺跡。
勿論世界遺産です。

DSC_0889.jpg
この遺跡の何が有名かというと、壁面を埋め尽くす官能的な彫像。

かなりSEXYらしいのです!!

そんな遺跡がインドにあるならコレは絶対に見てみたい!

順路に沿って歩いていきます。

DSC_0890.jpg
どれだけ沢山のSEXY像があるのかな?と期待しましたが、最初の寺院にはそれらしきモノは無く。
でも見事な彫刻が。

DSC_0892.jpg
俺と寺。(笑)

DSC_0895.jpg
中も見事な像達。

DSC_0899.jpg
確かに官能的な像があちらこちらに。

こうなるとよりSEXYな像はどこにあるのか、ウォーリーを探せ状態に。

そこで発見したのがこちら。
DSC_0905.jpg
うーんこんなの寺院の壁に掘っていいのか?
凄い体位ですが・・・(笑)

DSC_0906.jpg
こちらもなんだかいやらしいですな〜。

DSC_0908.jpg
よく探すといろんな所にこんな彫刻が。

DSC_0910.jpg

探すのが楽しくなってきちゃった(笑)

そんなエロチャンネルで寺院を回っていたら、途中でインド人の女の子達に声をかけられた。

DSC_0914.jpg
日本のアニメが好きらしく、一緒に写真を撮ってくれと。
へーインドでもジャパニメーションは健在か。

DSC_0916.jpg
ちょうどいい台座があったので記念撮影。
なんだか心が静かになります。
周りはエロな彫刻で囲まれてはいますが(笑)

DSC_0918.jpg
ソウ君も。
ソウ君はヴィパッサナー瞑想をバラナシで経験した強者。
サードアイが開きそうな雰囲気。いいねー!

旅の友のデータをいただけると自分が登場しているからありがたい。

DSC_0920.jpg
一人旅だとなかなか自分って映ってないんだよねー。

改めてソウ君ありがとう!

DSC_0924.jpg
そしてコレが一番のメイン。

DSC_0925.jpg
一番官能的と言われているミトゥナ像。

これはどうなっているのでしょうか?(笑)

ソウ君が
「これは寝ていると考えれば、納得がいきますねー。」って。
なるほどそう見てみればそうだな。

DSC_0931.jpg
ちなみに仏塔の高さはこんな感じ。
俺と比較してください。

DSC_0947.jpg
寺の中でしばし休憩。
ソウ君と何気ない話を。
まあここまで年が離れるとジェネレーションギャップだらけ(笑)
読んでた雑誌って何?とか高校の時ってどんな感じだった?とか素朴な疑問を若者にぶつけてみました。
いつまでも若いって自分で思っていたけど、残念ながら俺は少なからず時を重ねていたのだな、と実感。良い意味でね!

シヴァ神を祀る寺院の所でインド人家族と遭遇。

DSC_0963.jpg
一緒に写真を撮ろうと。
みんなで集合写真!

メチャ良い写真!!

DSC_0968.jpg
この寺院の中で日本人かなり人気です。

DSC_0971.jpg
みんな素敵な笑顔。

カジュラホ寺院いろんな意味でいいじゃないか!

高いけど一見の価値有り。
是非です。

寺院散策は西だけで2時間以上もかかってしまった。
東と南にも別の寺院があるようです。
でも俺らはここで満足。
時間と体力がある方は是非。

近くのラッシーセンターでラッシーを。
ここのラッシーが15ルピーなんだけどメチャメチャ美味いです。お勧め。

そしてしばし休憩。

お昼を食べにローカルへ。
バスターミナルも越えた観光客は来ないであろうお店。

そこでカレーをいただきました。
ちょっと高かった40ルピー。

そのまま俺は鉄道の予約を。
俺は明日アーグラーという街に行きます。
アーグラーと言えば

The インド タージマハル!!

これだけは幾ら高くてもインドに来たら絶対に外せない。

朝の列車が丁度あったのでそれで向かいます。215ルピー。

チケット予約センターはバスターミナルにあります。

宿に戻りちょっと小腹が空いたのでベランダから外を見ると目の前にサモサ屋が。
ちょうどいいな。
二人でサモサをもぐもぐ。
そのまま目の前の広場でチャイを。
目の前の広場はいろんな屋台が軒を連ねていて、夜はここで飯を食くことに!

夜になり早速飯を。

入り口近くにあった屋台のショーケースに入っていたパイ的なモノが、夕方には沢山あったのにもう数が少なくなっている。
どうやら人気店のようだ。

早速注文。

三角のパイに野菜とタレをサンドして食べるスタイル。
味もイケる。
でもこれが結構なボリューム。20ルピー。

結局二人コレをくったらお腹いっぱいに・・・(苦笑)

もっと他の飯もガッツイて食おうと思っていたのに・・・。

あっという間にディナー終了。

宿に帰って俺は荷造りを。

カジュラホは人も良くローカル飯が美味く、意外と居心地の良い街でした。

明日からは久々一人旅だぜ!!
待ってろタージマハル。
(って言っても画像無いけどねー・・・泣笑)


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング


▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/198-7b33b520

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。