スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムリトサルリベンジ!

Posted by 王子(ouji) on 01.2013 インド2回目 0 comments 0 trackback
2013年9月1日

早朝の便でアムリトサルに出発します。

前回はハリドワールからアムリトサルまでの電車で、あの事件が起きてしまい断念。

リベンジです!

支度を整えサンタナを出ようと思ったら、早朝にも関わらず愛ちゃんとタッちゃんが見送りに。

サンタナデリーには本当にお世話になりました。

タッちゃんデリー のコピー
タッちゃんとがっちりハグ。(愛ちゃん画像)

俺の顔泣きそうじゃんか!(笑)

朝早いのにも関わらず、ありがとう。
また戻ってくるね。

NEW DELHI駅に着くと既に列車が到着していました。

旅の安全を考えて、今回はCCの席です。

この車両は朝食が出ます。
勿論料金に入っています。

IMG_3790.jpg
こんなの配られます。

IMG_3792.jpg
まずはチャイから。

IMG_3793.jpg
そして朝ご飯。
オムレツにパン。

IMG_3794.jpg
そしてマンゴージュース。

この後にもチャイが出てきました。
新聞も無料のようす。
あー幸せ。

IMG_3795_20130929011958812.jpg
そして時間通りアムリトサルに到着。

IMG_3796_20130929012015b33.jpg
2ヶ月越しのアムリトサル。

ここはシーク教の聖地。

駅の敷地内にから無料のバスが出ていて、ゴールデンテンプル(黄金寺院)まで行く事ができます。

IMG_3797_20130929012004d29.jpg
運転手。

IMG_3798_201309290120037cd.jpg

無料だからかなり満杯で出発します。

そして無事ゴールデンテンプルに到着。

寺院内に無料の宿泊施設がありますが、南京虫の危険性大とタッちゃんが教えてくれ、絶対に泊まるなと。
タッちゃんがそこまで言うならと俺は歩き方にも乗っている宿へ。

1泊500ルピー(約1000円)と高いが、綺麗で石鹸やバスタオルも付いているしっかりとしたホテルに泊まる事に。

荷物も置いて早速ゴールデンテンプルへ。

IMG_2384.jpg
ホテル前はこんな感じ。

IMG_2391_20130929012439fb5.jpg
ホテルから歩いて3分位で寺院に到着。

IMG_2392_20130929012426b59.jpg
ここが無料の宿泊施設。
後から泊まった方に聞いたけど、ベッドには当たり外れがあって、その方は南京の被害はなかったそうです。
南京に当たるか当たらないかは運のようです。
俺も今度はトライしてみよう。

IMG_2394_20130929012422352.jpg
まずは靴を預けます。

そしてゴールデンテンプルへ。

IMG_2396_20130929012433132.jpg

やっと来る事ができましたー!!

リベンジ成功。

本当に金ピカ(笑)

IMG_2400_20130929012529855.jpg
こちらは無料の水飲み場。
これが四隅にあり、どこでも水を飲む事ができます。

IMG_2403_201309290125357d6.jpg
今日は曇り空だったので、これが晴れていたらより一層綺麗なんだろうなー。

IMG_2414.jpg
可愛い子供を発見!
ここの人みんな良い人。

IMG_2417.jpg
シークのお寺は本当に綺麗で、床の装飾も素晴らしいです。

IMG_2418_2013092901253439d.jpg
音楽隊みたいなのが演奏していました。

IMG_2421_20130929012750ac6.jpg
ゴールデンテンプル内に入る人の列が凄かった。

IMG_2423.jpg
水を飲む食器の洗い場。
砂みたいなので磨いていました。

IMG_2425.jpg
白壁にインドの方々の衣装は映えますなー。

IMG_2427_2013092901274669b.jpg
写真をバシバシ撮っていると、どこからともなく声を掛けられます。

IMG_2432.jpg

俺を撮れってね。(笑)

昨日のトゥクブミナールと同じ状態に。

IMG_2434.jpg
シークの人も撮られるの好きだねー。

IMG_2435.jpg
こっちのオジさんも。
やっぱターバンってTheインドの感じですなー。

IMG_2436_20130929012941b07.jpg
少年達も。

一度撮影会をすると次から次へと人が来るので、笑顔が固まる前に退散。

ここでも何人のカメラに俺は収まったのだろうか。
俺なんか撮ってどうするんだろうかね?

IMG_2438_201309290130036a5.jpg
池の周りをぐるっと1周しました。

IMG_2439_2013092901294376a.jpg
シーク教の人は熱心な信者の方が多いですね。

さて、シークの寺院と言えば無料の食事。
これを食わずしてシーク寺院に来た意味が無い!!

IMG_2444.jpg
食堂に向かう間も少年達が絡んできます。
可愛いなー。

IMG_2448.jpg
ここが食堂の入り口。

食器を貰い、列に並んで食堂に入る順番待ちをします。
今回は2階の食堂でいただきました。

IMG_2449_20130929013322c51.jpg
隣に座った少年達。
一緒にご飯が配られるのを待ちます。

IMG_2452_20130929013323be4.jpg
食堂はこんな感じ。

IMG_2453_20130929013321ab6.jpg
これが面白かった。
なんと水配膳装置。
手元のボタンを押すとしたから水が出てきます。

IMG_2456.jpg
食器もピカピカです。

IMG_2458_2013092901351597f.jpg
チャパティーを配りにきてくれました。
両手で受け取ります。

両手じゃないと配ってくれなかった。
それが礼儀なんだね。

IMG_2461_201309290135194e2.jpg
こちらが今回頂いたご飯です。
いくらおかわりしてもOK。

正直美味いです。
腹一杯食べても無料なんて幸せ。

ありがたくいただきました。

IMG_2465_20130929013530c6f.jpg
食べ終わったら食器を持って1階へ。
そこで食器を回収してくれます。

IMG_2466.jpg
それをバケツリレーのように運んでいました。
ここのシステムは素晴らしいです。

シーク教って最高!!

ご馳走様でした。

宿を出る前にロビーでインド人男性に声を掛けられました。

どうやらパキスタンとの国境でのセレモニーに行かないか?とのお誘いだった。

噂やガイドブックで知っていたけど、当初行くつもりはありませんでした。
でもせっかくここまで来たし、特にやる事もなかったので行ってみる事に。

往復で180ルピー。(約360円)
もっと安く行ける場合もあるようです。

IMG_2478.jpg
着いた所は国境の繋がる大きな通り。
そこから歩いて国境に向かいます。

IMG_2480_2013092901365653d.jpg

スゲー人!

国境の扉を締めるだけなのにね。(笑)

IMG_2481.jpg
あまりに人が多いので馬で人の流れを規制してました。

IMG_2485.jpg
外国人は3番のゲートから入る事ができます。

IMG_2486.jpg
国境です。

荷物検査やパスポートチェックを受けて会場へ。

IMG_2490.jpg
真っ赤なニワトリのとさかのような帽子のインド人兵士。

IMG_2494.jpg
こちらインド側の席です。
ってかなんだこの人数。

IMG_2498_20130929013924b05.jpg
こちらがパキスタン側。
まだ人が集まってない様子。

IMG_2521.jpg
インド側は旗を持って走り、パキ側を挑発しています。

IMG_2533.jpg
ダンスミュージックで女性陣が踊り狂ってます。

これなんですか?(笑)
IMG_2551.jpg

まあ愛国心があるってのはいいことです。

でもパキ側もかなり盛り上がって来ました。
お互い音で威嚇し合ってます。

IMG_2558_20130929014142ef1.jpg
そのうち兵隊さんが出てきて国境のゲート前で相手を挑発。

IMG_2570.jpg
いい感じに夕刻の時間に。

IMG_2545.jpg

インド頑張れ!!

みんなの歓声も一際大きくなります。

IMG_2582.jpg
今度はメンズな兵隊さんが。

IMG_2592.jpg
兵隊さんは大きく足を上げ観衆を盛り上げ、そしてパキ側を挑発してます。

IMG_2585.jpg
なんでしょうかこの盛り上がりは???(笑)

IMG_2598_201309290204098c6.jpg
そして最後は

IMG_2606_20130929020423392.jpg
両国の国旗が

IMG_2613.jpg
ゆっくりと下りて行くのでした。

なんだろうこのイベント。

IMG_2625.jpg
しかもこれって毎日やってるらしい・・・。

実際のインドとパキの情勢はよろしくないのかもしれないけど、これを見てしまうとなんて平和な風景なんだろうと思ってしまう。

島国日本では味わう事のできない時間でした。

まあ1回は見てもいいのではという位ですかね。(笑)

夜になり宿に到着。

夕飯は勿論寺院で。

IMG_2628.jpg
靴を預けようとしたらおじいちゃんが撮れと。
眼力強いー!(笑)

IMG_2633.jpg
もうお腹ペコペコだったので早速食堂へ。

IMG_2634_201309290213333c8.jpg
夜はミルク粥とカレーチャパティーそのあとダルが出ました。

メッチャ美味い!!

IMG_2639.jpg
ココなんだと思います?

IMG_2640.jpg
食器洗い場。
デケー!!

全員で食器洗ってます。
これ一日やってるのかな?

IMG_2642.jpg
見事に洗われた食器達です。

IMG_2648.jpg
こっちはチャパティー焼き係。
ご苦労様です。
皆さんのお陰で美味しいご飯を頂けました。

IMG_2656_2013092902253965e.jpg
ゴールデンテンプルに行ってみるとなんとライトアップされてました。

でも電飾に覆われて、金色ってか電球色になってるだけ(笑)

IMG_2660_20130929022538436.jpg
夜でも沐浴している方も。

IMG_2663.jpg
ターバンどうするのかな?と思ったら。

IMG_2664_20130929022540595.jpg

カポって外してました。(笑)

ターバンの中って髪の毛じゃなかったっけ???

IMG_2680.jpg
キャンドルの明かりが柔らかく、とても幻想的な空間に。

IMG_2674.jpg
子供達はキャンドルに夢中?

IMG_2692.jpg
でもそれも凄く素敵な風景です。

IMG_2699.jpg
水面に写る寺院もいいねー。

池の周りを散歩。

IMG_2716.jpg
そしたら槍を持った番人が。

IMG_2722.jpg
子供達は無邪気に遊んでます。

IMG_2726_20130929023251800.jpg
こいつらは悪ガキ達。

IMG_2728.jpg
止まれって行っても動いちゃう(笑)

IMG_2757.jpg
短剣を持った人達も。
敬虔なシーク教徒の証です。

IMG_2760_20130929023540760.jpg
最後はこちらの女の子。
かなりのどや顔で。

この寺院かなり面白いです。

とにかく人が最高!

インドでもシークの人は良い人ばかりって聞いてましたが、こんなに良い人でいい所とは思ってもいませんでした。

心もお腹も満足なアムリトサル。

ココお勧めです。

でも俺には時間がありません。

明日はダラムサラに向かいます。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング


▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/263-bd188b80

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。