スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド最南端 カニャークマリ

Posted by 王子(ouji) on 29.2013 インド 0 comments 0 trackback
2013年11月29日

早朝ニヤルダムアシュラムを出る。

乗る予定のバスはニヤルダムのバススタンドから6時に出発予定。

大きな荷物を持ってアシュラムを後にした。
外はまだ真っ暗。

IMG_9470.jpg
バススタンドに着くと早朝にもかかわらず少年達がバドミントンをしていた。

俺に気付き何処へ行くんだといつものような質問。
予想よりも早く着いてしまったので、暇つぶしに俺も彼らと絡むことに。

朝から明るく元気な少年達と他愛も無い会話でバスを待つ事が出来た。

バスに乗り込むと外から俺を呼ぶ声が。
見るとアシュラムで一緒だったケンさんが。
どうやらジョギングの途中で俺がバスに乗り込むのを見たのでわざわざ来てくれたらしい。

少しの間だったけど、一緒に過ごす事が出来たのと、共通の趣味の話で盛り上がったりと、また是非会いたいですと握手をして別れました。

バスは時間通り出発。
トリバンドラムまで向かいます。

IMG_9472.jpg
グリーンバスという急行バスで1時間。36ルピー(約70円)

トリバンドラムに到着。
お腹が空いたのでバス停のチャイ屋で朝ご飯を。

IMG_9475.jpg
何か美味しそうなものは無いかなーと見ていると、こちらを発見。

IMG_9478_20131209161823199.jpg

サーターアンダギー?

これは食うっしょ!

これが美味い!

ちょっとマサラーな感じがあるけど、サーターアンダギーです。

IMG_9480_20131209161847b3d.jpg
バス停は朝から沢山のバスが往来。

IMG_9482.jpg
フルーツ屋さんのバナナも美味そう。

IMG_9484.jpg
駅とバススタンドが近いので、朝の出勤通学の人達が沢山です。

IMG_9491.jpg
トリバンドラムの駅はこんな感じ。

IMG_9493_20131209163042078.jpg
今日の目的地はカニャークマリという海沿いの町。
バスはどこから出るのかな?と聞いたら道沿いから出るとの事で、そこで待つ事に。

8時にバスが来るよと言われていたのに、それらしいバスが到着しない。
というかバスは沢山目の前に停まるけど、どれもカニャークマリ行きではないとの事。

8時が過ぎてもバスが来ないのでバスの車掌さんに聞いてみると今度は9時だって。

「えーさっき8時に来るって言ってたじゃんかー!」

って言ったらこれに乗れと。
「このバスで終点まで行き乗り換えた方が早い。」と。

何処行きかもわからぬままバスに乗り込みます。

IMG_9494.jpg
トリバンドラムから終点まで47ルピー(約90円)
終点のバスターミナル。
トリバンドラムを8時に出発して10:40に到着。
ここでカニャークマリまでのバスは何処?って聞くとバス乗り場を教えてくれます。

IMG_9495.jpg
バスを待っていると既に来ていたみたいでそれに乗り込みます。
カニャークマリまで14ルピー。
10:44に出発カニャークマリに12:00に到着しました。

カニャークマリのバスステーションに行く手前のバス降り場が街に近くて便利とのこと。
同じ所で降りるインド人グループが教えてくれました。

バス停には客引きのオッサンが。
一緒にホテルを探してやると。
この辺の相場がわからなかったので、このオジさんについて300ルピーとか400ルピーで探してってお願いした。

IMG_9496.jpg
すると450ルピーのホテルをみつけてくれた。
部屋をみるとまあまあ。
ハイシーズンに入ったカニャークマリだとこのくらいで泊まれるなら上出来かな。
ってか探すの面倒(苦笑)

チップを20ルピーばかし渡して俺は洗濯やらシャワーやらを。

カニャークマリ

カニャークマリはインド亜大陸の最南端。
なのでアラビア海、インド洋、ベンガル湾の3つの海がここで1つになります。

インドの南まで来たのであれば、やっぱり先っちょまで行ってみたい!!笑

IMG_9499_20131209203144e63.jpg
今回はタイトに移動します。
なので早速街へ。

海では漁師さん達が船を岸にあげている最中でした。
ってか海きれいだなー。

IMG_9502_20131209203106640.jpg
向こうに見える岩の島にはボートで渡る事ができます
1つはヴィーヴェーカーナンダ岩で、ヒンドゥー教の宗教改革者ヴィーヴェーカーナンダが瞑想にふけった場所として記念堂が立てられています。
もう1つはティルヴァッルヴァルというタミルの詩人の像が。

IMG_9509.jpg
こちらのフェリー乗り場から乗る事ができますが、俺は興味無し。
だって上陸するよりこっちから見た方がいい景色でしょ(笑)

IMG_9513.jpg
海沿いにあるクマリ・アンマン寺院に行こうと思ったけど、先にインドの先っちょを見てみたかった。
シマシマの壁が寺院の壁。
その横を通り海沿いへ。

IMG_9520.jpg
ここはインド人観光客がかなり多いです。
巡礼の聖地にもなっているので黒い衣装の方達が多く感じられます。

IMG_9521_20131209203553033.jpg
海も青く、そこそこ天気も良かったので散歩が気持ちいいです。

IMG_9525.jpg
海に入りお祈りをするお母さんを支える息子。
素敵な画です。

IMG_9529.jpg
そしてこちらが3つの海が交わる点。
正面がインド洋。

IMG_9532.jpg
こちらがベンガル湾。

IMG_9533_20131209210019aa9.jpg
そしてこちらがアラビア海。

インド亜大陸の最南端です!

今年5月にインドに入ってコルカタからダージリンそしてれー・ラダックなど北を攻めて、そしてとうとう一番南までやってきました。

本当にインドは大きい!

IMG_9534_201312092101454f7.jpg
記念に3つの海を股にかけてみました。(笑)
下がぬるぬるで滑る所でした。あぶねー。

IMG_9537.jpg
寺と海の間の広場では市場が。
貝殻の雑貨や服やドライフルーツまで様々な露店が出ています。

朝のサーターアンダギー以来何も食べてなかったので食堂に。
ローカル食堂を発見したけど、もうご飯が無いと・・・。
現地民食べてるから拒否られたか???

IMG_9540.jpg
探したけどローカルのいい感じのレストランがなかったので、普通のレストランへ。

IMG_9541.jpg
南インドの代表的な食事と言えばミールスおかわり自由です。
まあまあですな。これで98ルピー(約200円)

腹ごしらえも終えたので、明日の移動の下調べを。
ここからベンガル湾を北上して行く予定です。

IMG_9547.jpg
海沿いの街から歩いて10分位の所にバスターミナルがあります。

IMG_9546.jpg
バス停にはリタリアリングルームもあって、値段がハイシーズンとローシーズンで違います。
比較的手頃な値段なので、街に歩くのが面倒じゃない人はこちらが節約できると思います。

早速チケット予約窓口でマドゥライ行きのチケットを聞くと14時か15時ならあるとのこと。
でもマドゥライまでは約6時間かかります。
昼までにはマドゥライに着いておきたい。
なのでひとまず考える事に。

IMG_9548_20131209210430311.jpg
暑い中歩き回ったのでちょっと甘いものでも。
宿近くまで帰ってきて商店でこちらを。
カステラみたいなのが1個6ルピー(約12円)。安いー!!

IMG_9551_2013120921052301e.jpg
オジさんの笑顔が素敵な商店でした。

となりの旅行会社でマドゥライ行きを聞くと13時に出発との事。
他の旅行会社が13時30分発だったので、あまりかわらないけど少しでも早いバスを予約。
ツアー会社のミニバスでマドゥライまで300ルピー。(約600円)

宿に帰りしばらく休憩。

外の様子を伺いながら、夕日のタイミングで散歩に出る事にしました。

IMG_9561_201312092109354d2.jpg
夕方になると海沿いの道は沢山のお店が。

IMG_9573.jpg
移動可能なT字の洋服掛けで売っている人達も。
ってかアジアのこういうのに共通して言える事。
同じような物を同じ所で売っているのは何故だろうか???

IMG_9579_201312092109115fb.jpg
この辺の自転車の風景が好きです。

IMG_9586.jpg
アラビア海側に夕日が落ちて行きます。

IMG_9588.jpg
遠足の子供達でしょうか。
男の子グループと女の子グループでわかれていて、その光景が可愛らしい。

IMG_9595.jpg
俺がパシャパシャ撮っていたら、俺の後ろにいた子達が彼らに声を掛けて「撮られてるぞー」って。
そしたらみんな振り向いて恥ずかしそうに。
さらに可愛いね!

IMG_9600.jpg
この子達が犯人です。
はにかんじゃって可愛いんだ。

IMG_9603.jpg
インドの子供は何でこんなに可愛いんだろうか。
白い歯が眩しいぜ!

IMG_9611.jpg
からかいながら撮ってたら彼らも調子よくなってきました。

IMG_9616_201312092117025be.jpg
邪魔したねー、ありがとう!!

IMG_9621.jpg
太陽がいい感じに沈んできました。

IMG_9623.jpg
毎日こんな光景がみられるなんて。

IMG_9630.jpg
ココ好きかも。

IMG_9638.jpg
そう言えばアラビア海初めて見たかも(笑)

明日は反対のベンガル湾から朝日を狙います!!

ココは海からの朝日と夕日を見る事ができるのです。

サンライズ、サンセット好きにはたまらないっす!

夕日撮影を終えてフラフラしようかなと思ったら、向かう先にこいつらが。
IMG_9647.jpg

撮りますよ、撮ればいいんでしょ。(笑)

IMG_9650_20131209213101c04.jpg
この年齢でティアドロップって・・・(笑)

少年らがかけてるサングラス奪って、彼らのカメラに収まっておきました。

IMG_9655.jpg
ヤンチャ少年君達、ありがとう。

IMG_9664.jpg
ここのタワーから見る夕日もいいらしいよ。

IMG_9670.jpg
この自転車には沢山のシャツが。
こんな売り方あるんだね。

IMG_9675.jpg
パシャパシャ撮っていたら自転車の持ち主が俺も一緒にと。

IMG_9677_20131209215125296.jpg
今日1番の一枚。

オジちゃんお茶目過ぎる!!

IMG_9679.jpg
夕焼けも綺麗な今日の一日でした。
太陽さんに感謝。

IMG_9689.jpg
夕方から夜にかけては夜市が賑やかになるみたいです。

IMG_9719.jpg
外国人観光客相手というより、インド人観光客相手のお店ばかり。

IMG_9738.jpg
100円均一みたいなお店にはさっきの子供達がわんさか。

IMG_9744.jpg
みんな何用で買ってるのかなー?昔の修学旅行とか思い出すなー。
あのとき買ったワケのわからない雑貨とかどうしたんだろうか?。

IMG_9755.jpg
この写真も好きだなー。

海の方はどうなってるのかテクテク。

IMG_9785.jpg
昼間はさびれてたけど、夜は沢山人が。
売り子の兄ちゃんもテンション高いぜ!

IMG_9823.jpg
お寺の横の道を通って帰ります。
寺は明日の朝日と一緒に見に行く事にしました。

IMG_9841.jpg
せっかく海沿いに来たのだから、今日は俺の大好きなエビちゃんを!
エビのピリ辛炒め、そしてフライドライスを。220ルピー(約440円)
味はそこそこ。
もっとシーフード食べたいー。

IMG_9850.jpg
夜食に茶色いバナナとカステラを。バナナ10ルピー。カステラ6ルピー。

あまり期待をしていなかったカニャークマリの街だけど、景色も人も食も結構いい感じ。
なんてったって海からの太陽が上って下りてを一カ所で見る事ができるのが魅力。

明日は早起きをして朝日を狙います!!

今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/334-fe82b67c

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。