スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プドゥチェリーから世界遺産の街「マハーバリプラム」へ

Posted by 王子(ouji) on 04.2013 インド2回目 0 comments 0 trackback
2013年12月4日

2泊したプドゥチェリーを出発します。

宿をチェックアウト。
するとリクシャが宿前に待っています。
交渉。

IMG_0592_20140111170043e1e.jpg
バスターミナルまで50ルピー。(約100円)

IMG_0593.jpg
その辺の車掌さんらしき人に、マハーバリプラムに行きたい!って伝えると、

「ECRのバスに乗れ!」と。
しかもバスまで案内してくれた。
メチャ親切な人で安心。

バスはもう走り出していたが、俺を乗せて出発。

IMG_0594_20140111170040afe.jpg
エアコン車で快適!115ルピー(約230円)

約2時間でマハーバリプラムへ到着。

バスステーションは無く、East Coast Rdに落とされた。

でもすぐにリクシャが来て客引きが始まる。
ここで降りたのが俺を含め3名でリキシャをシェアした。
一人30ルピー。

そして目的の宿まで。
安宿で有名なラクシュミー・ロッジへ。

交渉するもWベッド部屋しか空いておらず400ルピーで泊まる事に。

IMG_0595_20140111170055aee.jpg
部屋はこんな感じ。
汚いけどまあ良し。

IMG_0596_20140111170102b5e.jpg
海から1分で立地はいいです。

IMG_0597_201401111703324ae.jpg
2階にレストランがあってここでWifiができます。

IMG_0598.jpg
メインの通りがこちら。

IMG_0599_20140111170332966.jpg
お昼には早いけどお腹減ったのでこちらへ。
ガイドブックにも載っているシュリー・アナンダ・バワンへ。

IMG_0601.jpg
ミールスを食べたかったんだけど、まだ準備ができてないとか。
なのでドーサを注文。
まあそれなりに美味い。60ルピー(120円)

IMG_0602.jpg
この街は石屋さんが多いです。

IMG_0605.jpg
暑い中みんなカンコンカンコン石削り。

この街には世界遺産の遺跡群があります。
そのために立ち寄りました。

まず1発目はこちら。

IMG_0609.jpg
海岸寺院(Shore Temple)
入場料250ルピー(約500円)
高い・・・。

チケット売り場でインド人が
「インド人以外は250って高くない?」的な話をしていた。
因にインド人は10ルピーくらい。

IMG_0610.jpg
海岸寺院はフェンスで囲われていて、近付く事ができない。

IMG_0614_20140111170624ca2.jpg
フェンス越しに手製の貝殻笛を売ってるインド人。
可愛かった。(笑)

IMG_0620_201401111706029e3.jpg
こんな海岸の近くに露出した寺って初めて見た。

IMG_0622.jpg
昔はこういう建造物が海岸に7つあったと言われていますが、現在は1つのみ。

IMG_0624_20140111170713f63.jpg
海岸という立地で風化が激しいとのこと。

規模は大きくないけど、潮風を感じながらの遺跡探検は初めてな気がする。

今は風化を防ぐ為に防風林が植えられています。

IMG_0628.jpg
でもやはり他の遺跡に比べると風化が激しいですね。

IMG_0630.jpg
本堂にはシヴァ神のシンボル・リンガが。

IMG_0633_20140111170730735.jpg
風化していることでこの遺跡独特の雰囲気が漂っています。

IMG_0640_20140111171001756.jpg
世界狛犬コレクション。かなり久々。

IMG_0648.jpg
陸に面した入り口の中にはこんな彫刻も。

IMG_0651.jpg
屋根の作りとかも南インドの様式がふんだんに。

IMG_0654_20140111171007a85.jpg
なんかここもいい感じの遺跡です。

IMG_0660.jpg

最近の流行は世界遺産で世界遺産のテーマを聞く事。

これで気持ちがかなり上がります!(笑)

IMG_0663.jpg
牛の像は風化前の壁に並んでいたもの。
昔はどんな様子だったのでしょうか。

IMG_0679.jpg
小さな遺跡だけど、海岸という立地と風化具合がいままでに見た事も無い遺跡でした。

海岸を後にして岩を求めて歩きます。
すると目の前にこちらが。

IMG_0685_20140111171214bd4.jpg
アルジュナの苦行と言われているレリーフである。

IMG_0686.jpg
突然でてきちゃったもんだから、ありがたみが・・・。

IMG_0687_20140111171232799.jpg
でもよく見ると凄いレリーフ。
これ無料です。

同じ敷地内の見たかったのがこちら。

IMG_0689.jpg

クリシュナのバターボール!!

何故これが落ちないのか???

IMG_0700_20140111171444ceb.jpg
まるでナイフで切ったような形(歩き方そのままの台詞。笑)

IMG_0705.jpg

俺が一生懸命押してたら

「押さないでー」

って笑顔で現地の人が。
インドジョークでした。(笑)

敷き内には他にも見所が。

IMG_0710.jpg
洞窟が2、3個ありました。

IMG_0713_20140111171443d06.jpg
そして灯台。
登るのダルかったのでここからだけ。

IMG_0714.jpg
ここにも洞窟が。

IMG_0715.jpg
なかなか見応えあります。

IMG_0724.jpg
そして灯台側から降りて次に向かうはもう1つの世界遺産。

IMG_0726.jpg
あ、人死んでる。ってかこの昼寝スタイル大好き。

IMG_0727.jpg
世界遺産ファイブ・ラタです。

海岸寺院のチケットでこちらも入場することができます。

IMG_0729.jpg
といっても広いわけでも無く、小さめな建造物が点在しているだけ。
ここが何故世界遺産?

早速世界遺産の曲を聞きながらガイドブックの説明を読みます。

ここは砂に埋もれていた遺跡で、しかも1つの岩から掘り出された巨大彫刻との事。

5つそれぞれが特徴をもっタ寺院で、回りに排されたライオンやゾウ、ナンディー等っの彫刻を含め、その後のドラヴィタ建築様式の「プロトタイプ」といわれている建物との事。
つまり現在の南インドに見られるさまざまな寺院は、ここにある5つのタイプの寺院のいずれかが元になっていると考えられている。

なんか凄い!!

IMG_0736.jpg
そんなに大きな建造物じゃないけど、内容を知るとこの遺跡の重要性を実感。
ちなみに7世紀に作られたとか。
IMG_0740_20140111172117da7.jpg
ゾウさんとナクラ・サハディーヴァ・ラタ。

IMG_0742_201401111721171e4.jpg
奥がドラウパディー・ラタ、手前アルジュナ・ラタ。

IMG_0743.jpg
裏の牛君。

IMG_0744.jpg
これらの寺院が1枚岩だと思うと凄い。

IMG_0746.jpg
しかも砂に埋まっていたとはロマンがあります。

IMG_0751_20140111172431ac0.jpg
こちらが一番大きな建物。

IMG_0760_201401111724444a1.jpg
側面の装飾が可愛い。

IMG_0761.jpg
中は未完成。
でもこの狛犬みたいな柱は南で良くみました。

IMG_0768_201401111728049f4.jpg
ファイブ・ラタ遺跡。
小さな遺跡だし、5つがランダムに並んでいて不思議な感じでした。

IMG_0776.jpg
帰りも壁画を見ながらと、この街の遺跡は見応えがあります。

IMG_0777.jpg
石屋の不思議なオブジェも見ながらね。

IMG_0790.jpg
こんなオブジェも見ながらね。

IMG_0791_20140111172905f43.jpg
暑くてアイスでもと思ってたけど、宿近くの通りまで帰ってきてしまったので、こちらでお茶を。

IMG_0793_20140111172858284.jpg
アイスコーヒー!!

IMG_0794_20140111172904eb2.jpg
そしてチョコレートケーキー!!
120ルピー(約240円)

どちらもまあまあだね。

宿に帰り休憩。

こちらの街の遺跡巡りは終了しました。

IMG_0808.jpg
夕方海へ。

IMG_0809.jpg
空がいい感じに焼けてきました。

海から宿の屋上へ。

IMG_0825.jpg
灯台と夕日。

夜はネットをしたかったので、宿の2階にあるレストランへ。

ここはネットができるので、お茶だけしてネットしている欧米人がいます。

俺は早めにご飯を。
なにかお勧めがあるか聞くと大きなエビを持ってきた。

700ルピー・・・高い。

丁重にお断りするとスタッフは3匹でどうだ?とかしつこい。

エビは食いたかったからエビカレーを頼みました。

IMG_0844.jpg
小さなエビだったけどトマトベースのカレーで美味かったっす。240ルピー(約480円)

ネットでチェンナイからブバネシュワルまでの鉄道のチケットをTakalでGet!3Aで1687ルピー(約3000円)
高いけどこれは致し方ない。
チェンナイで立ち往生したくなかった。

IMG_0845.jpg
ネットするならココが便利かも。
延泊組なら2階でネットがそのまま使えるから便利。

明日はチェンナイへ。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。


ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング


▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/339-9b08c700

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。