スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産レバノン杉へ レバノン人のホスピタリティーに触れる

Posted by 王子(ouji) on 16.2014 レバノン 1 comments 0 trackback
2014年2月16日

レバノン6日目。

キャッシュカード吸い取られやトラベラーズチェック換金不可など、金にまつわるトラブル続きで2日も身動きが取れなかった。
なので今日から残り少ないレバノン滞在動きまくります!

IMG_7930_201402180438188cc.jpg
ベイルートの朝。

ベイルートの東、シャール・ヘロウのバスターミナルまで歩きます。
トリポリ行きのバスが1時間待ちだったので、ミニバスタイプのセルビスで向かいます。
なんと2000LP。安い!!(135円)

トリポリのアブドゥル・ハミド・カラメ広場で下りて、そこからブシャーレ行きのバスを探します。
近くに居る人に聞いたら、
「今日は日曜だからそのバスは無い。」と。

えー・・・。

日曜に観光地に行くバスが無いってどういうこと?

同じバスに乗っていた青年が話しかけてきた。

「他に行く方法はある。朝ご飯は食べたか?」と。

彼はローカルの食堂に行こうと誘ってくれた。
今朝は朝食を食べていなかったので、彼について行く事に。

IMG_7934_20140218043844221.jpg
こちらのローカル食堂。

英語のメニューは勿論無く、軍人さんや地元の方々ばかり。

IMG_7933.jpg
そしてテーブルに出てきたのはこちら。

なんですか?これ。

とりあえず食べてみな!って。
一口パクリ。

ん・・・なんだろう。

聞けばヨーグルトに、ちぎったパンやナッツ、豆などを入れたこちらでは定番の朝食「ファッテ」と言うものらしい。

まあまあかな。慣れてくると食えるかも。

食べてる間も周りの人にブシャーレに行く方法が無いか聞いてくれている。
そしてさっきの乗り場から10時に出るバスがある事が判明。

彼はベイルートで働いていて週末家族のもとに帰る途中だったらしい。
年齢は俺の1つ下。
レバノンの事やつたない話で短い時間ではあったが楽しい一時を過ごせた。

お会計をしようとしたら、

「もう払ったよ!」って。

お金出すよって言ったら、

「日本や他の国でレバノン人にあったらそうしてあげて。」って。

格好良過ぎっしょ!!

ありがたくゴチになります。

IMG_7936_20140218043842f61.jpg
彼の名はムハンマド。(たぶんこの名字はこちらに沢山居ると思うけど。笑)
さりげないホスピタリティーに感謝。
彼は颯爽とトリポリの街に消えていった。

バスまで時間があったので、トリポリの街を散策。

IMG_7945_20140218044107d0f.jpg
街歩きの目印になる時計台。

IMG_7940.jpg
レインボーの階段発見!

IMG_7943_201402180441099c9.jpg
かわいいBMXも。

IMG_7947.jpg
広場に戻ってツーリストオフィスの前でバスを待ちます。
日曜だからツーリストオフィスもお休み。

IMG_7949.jpg
広場のここにあります。

IMG_7950_20140218044105639.jpg
その辺に座っている人にブシャーレ行きを尋ねると、彼らもバス待ちだって。

一緒に来たバスに乗り込みます。

IMG_7962_20140218044144627.jpg
バスが出発するとなぜか皿が回ってきた。
外を見るとお菓子を配っている。
なぜかわからないけどお菓子Get!
これ美味しい。

バスはグングン山を上がって行く。
ブシャーレは1450mの高地にある。
バスの中でも寒さがわかる。

ブシャーレの街に到着。
運転手の兄ちゃんがどこまでいくんだ?って聞いてきたから、
「Cedars」と答えたら、どうやらこのバスはそっち方面までいくらしい。

グングン山道を登ってブシャーレから5キロ先のレバノン杉の群生地に到着。
バストータルで10000LP(683円)
たぶんボラれてるけどここまでダイレクトでこられたので素直に払いました。


ガイドブックではレバノン杉保護区は5月下旬から降雪時期までしか開いてないと書いてあった。
なので来ても見られないかもって思ってたので、ここまで来られてラッキー!

IMG_7963_2014021804421537a.jpg
目の前には2番目に大きなレバノン杉が。

IMG_7970_20140218044214d43.jpg
木にはマリア様。

IMG_7964.jpg
バスが一緒だったCD売りの少年。

IMG_7971_20140218044218fb2.jpg
道沿いにお土産屋さんも。

IMG_7973.jpg
自然に落ちた枝や木から作ってるらしい。

IMG_7975_20140218044314243.jpg
レバノン杉はレバノンの世界遺産です。

レバノン国旗
国旗の中心にデカデカとあります。
杉って言われてるけど実際は松科。

IMG_7978.jpg
フェニキア人はレバノン杉の巨木で、外洋航海に適した竜骨をもつガレー船を開発し、地中海の覇を成したとか。
木目の美しさと腐りにくさで建築材として最適だったことが、レバノン杉が激減した理由。
現在は1200本しかなく、3分の1が保護区に生えているとの事。
多くが樹齢1200年から2000年でだそうです。(歩き方参照)

IMG_7985_201402180443298fb.jpg
しかもシーズンオフだったのに保護区に入る事ができました!(ドネーション制)

IMG_7987_2014021804492466b.jpg
レバノン杉林(松だけど)中は空気がメチャ綺麗。

IMG_7991.jpg
立派な木。

IMG_7997.jpg
しばらく歩いているとだんだん靄がかかってきました。

IMG_8002_20140218044914c68.jpg
メチャメチャ幻想的。

IMG_8004_20140218044930932.jpg
途中の十字架。

IMG_8007_20140218045222b4a.jpg
そして一番奥にあるのがこちらの木。

IMG_8010_20140218045222093.jpg
木にキリストが彫られています。

IMG_8013.jpg
やっぱり俺、自然が好きだー。
ってなワケでレバノン杉群生地でパシャリ。

雪も降ってきてめちゃめちゃ寒いー。

帰りのバスはいつくるんだろう?
売店のおばちゃんにきいたらいつもだったらくるんだけど、今日は日曜だからなーと。

おばちゃんとしゃべりながらバスを待っても全く来ず。
おばちゃん曰くヒッチハイクの方が早いわよって。

なのでたまにくる車に親指立ててヒッチです。

でもなかなか止まってくれない。

そしてようやく1台の車が。
人の良さそうなカップルで、彼氏がこの村の人らしい。

ブジャーレの街まで送ってくれました。

プジャーレに着くとすぐにトリポリ行きのバスが。5000LP(341円)

IMG_8032.jpg
こんな渓谷を行きます。

IMG_8041_2014021804522857f.jpg
この辺りはかなり絶景。

ってかここ中東ですよね?

無事トリポリの街に到着。

IMG_8046.jpg
さっきはサラッとしか見られなかったので改めて街散策。

IMG_8048.jpg
トリポリのオールドスークもなかなかのものとか。

そろそろ靴が壊れ始めていたので靴屋さん巡りを。
でもなかなかセンスの良いのが・・・。

IMG_8051.jpg
肉解体中。

IMG_8054_201402180454060db.jpg
猫ちゃんゴミ漁り中。

IMG_8056.jpg
トリポリは綺麗というよりもダーティーな路地って感じ。

IMG_8060_201402180455308d6.jpg
こんなになるまで放置しなくても・・・(苦笑)

IMG_8062_20140218045532fc4.jpg
メチャ賑わっている所が。

どうやらサンドウィッチ屋さん。
地元の人だ次から次へと持ち帰りしていく。
勿論トライ!

IMG_8061_2014021804552952f.jpg
大量のコールスローとイモと肉!
これで4000LP(273円)
全部食べられない・・・。なので残りは夕飯に。

ワゴンセルビスが大量に停まっている所に行くと、すぐにシャール・ヘロウ行きのセルビスが。

IMG_8065.jpg
今日も無事観光終了しました。

IMG_8068.jpg
宿に戻ってペプシ。
これがたまらん!!

そしたらムスタファおじさんに今日の報告を。
なんかいつも捕まるんだよねー。
でも楽しいからいいけど。

IMG_8070.jpg
夜食作ってくれた。
シンプルにツナのサンドだけど、たまにレモン絞ったりとかしてくれて。
ありがたく頂きます。

レバノン人の優しさに感謝な一日でした。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング



▶ Comment

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
2014.02.22 19:20 | URL | 萌音 #- [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/413-99d7ab74

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。