スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤズドをぶらぶら

Posted by 王子(ouji) on 09.2014 イラン 0 comments 0 trackback
2014年3月9日

昨日エスファハーンからヤズドに到着。

シルク・ロードという素敵なホテルに滞在しました。

ドミの部屋はボイラー室の近くで寒くなく快適。
8時くらいに起きて朝食を。

IMG_2655_201403220500124ff.jpg
見て下さいこの朝食を!

IMG_2656_20140322050013857.jpg
ビュッフェ式なのでおかわりし放題。

IMG_2658.jpg
しかもこんな空間で。

全ておかわりしてかなり満腹になりました。
イランでこんな朝食初です。

IMG_2659.jpg
泊まったドミはこんな感じ。
今思うとだけど、1、2カ所食われていたかもしれません。
翌日のシャワーの時に肩あたりに赤い湿疹が。
でも南京では無かったです。

今日は迷路と言われる程の路地があるヤズドの旧市街へ。

IMG_2661.jpg
早速ナルフという神輿を発見。

IMG_2663_201403220500423c0.jpg
こちらはバードギール。
風採り塔。
街の至る所にこれがあります。

IMG_2664_20140322050043ccb.jpg
家の扉には二つのノックが。
これは男性用と女性用で分かれていて、軽い音がするのは女性用。重厚な音がする方は男性と、ノックの音でどちらが来たかわかるようになっているとか。

IMG_2666.jpg
路地で遊んでいた女の子達。
ちょっと距離を計りながらも近付いて来てくれました。

小ちゃい子は近付き過ぎたら泣いちゃった。(苦笑)

IMG_2672.jpg
路地にはこの旗も。
これはゾロアスターの印なのかな?

IMG_2675.jpg
路地をくねくね歩いていたら広場に到着。
そこにあったのは十二エマームの霊廊。
11世紀に建てられた廊。
ヤズドで現存する最も古い建築物といわれています。

IMG_2677_201403220501442f4.jpg
隣にはアレクサンダーの牢獄が。

旧市街をさまよっていたら大通りに出てしまった。
なので次の目的地へ。

IMG_2680_20140322050146853.jpg
シャヒード・ラジャーイ通りを通って辿り着いたのがこちら。

IMG_2681_20140322050147aa7.jpg
全然目立たない入り口。

IMG_2682.jpg
チケットは50000リアル。

IMG_2686_20140322050149bbb.jpg
中にはこんな風景が。
ドウラト・アーバード庭園です。
大きなバードギールが目印。
ヤズドのバードギールの中でも最も高いと言われています。
ここもペルシア式庭園として世界遺産に登録されています。

IMG_2691_20140322050325998.jpg
ただ庭園は春に向けて作業中。

どこの庭園に行っても作業中。
これからが花や緑のシーズンなんだろうね。

IMG_2694_20140322050325155.jpg
メインの建物へ。

IMG_2697.jpg
中の天上が凄い事に。
こういうの大好き。

IMG_2700_20140322050327348.jpg
建物に入ってから感じていた流れる空気。
その正体はこちらでした。

IMG_2701_20140322050330c65.jpg
バードギールの内部はこんな構造。
天上の穴から程よくやんわりと風が入ってきます。

塔の上の穴から風を取り込み、それが部屋へと流れていたのです。

ヤズドは乾いた熱風と強烈な日差しが突き刺さる典型的な砂漠の都市だそうです。
なのでこういう工夫がされているのでしょう。

IMG_2704.jpg
そしてここの建物のもう1つの見所。

IMG_2706_20140322050418bf6.jpg
見事なステンドグラスです。

IMG_2715.jpg
部屋の扉も可愛いステンドグラスが。

IMG_2720_20140322050420e45.jpg
部屋によって色合いも違います。

IMG_2730_20140322050421458.jpg
丁度太陽が当たって部屋に色の光が。

IMG_2747_201403220505222ea.jpg
ファンキーに踊ってみました!!(笑)

庭園のベンチで世界遺産のテーマを聞きながらぼーっと。

でもそろそろお腹が空いたので、庭園を後にして次の目的地へ。

途中ローカルのサンド屋が気になったので、一回通り過ぎたけど戻って注文。

IMG_2750.jpg
待っていたらこの親子が。

IMG_2753.jpg
シャヒード・ラジャーイ通り沿い、Emamzade Ja'far通りとの交差点にあります。

IMG_2754.jpg
ショーケースの中で俺の目を釘付けにしたのがこのレバー。

これでサンドを作ってもらいました。
めっちゃ美味いー!
レバーが柔らかくて、レバー好きにはたまりません。

IMG_2755.jpg
ジュースを入れて30000リアルとかなり安い。(約100円)

さっきの親子と話を。
と思ったら親子じゃなくて叔父と甥っ子らしい。

IMG_2758.jpg
甥っ子ちゃんメチャメチャ可愛い。
オジさんは俺のことをゲストだ!と言って、いろいろ教えてくれる。
今日泊まる所はどこだ?と家に招待してくれる勢い。
でも今日の夜に出るんだと告げ、連絡先を交換し、写真を送って上げる事にしました。

IMG_2762_20140322050649e8c.jpg
腹ごしらえをして俺が向かったのはヤズドのランドマーク的存在、アミール・チャグマーグのタキーイェ。
15世紀に建てられた、寺院やバザールなどの複合施設との事。

IMG_2765_20140322050650ea8.jpg
アミール・チャグマーグ広場の噴水。

IMG_2774_20140322050653116.jpg
バザール入り口の2本のミナーレ。

IMG_2780_20140322050656fd4.jpg
撮影していると俺らを撮れと。
別に君たちの写真欲しくないんだけど・・・。(苦笑)

IMG_2785.jpg
あまり装飾が煌びやかってワケではないけど、存在感があります。

IMG_2787.jpg
中のバザールはどんな物かと思ったら、そうでもない・・・。
ってかケバブ屋と絨毯屋がチラホラ。

IMG_2788_201403220508478c1.jpg
後ろから見るとハリボテのよう・・・。

こういうのって裏もしっかり作らない物かね?

ここから宿方面に戻ります。

IMG_2790_201403220508496ab.jpg
途中トラックの荷台が凄い事に。
思い切った売り方だなーと関心。

IMG_2794_201403220508517a6.jpg
そしたらオッチャンが出て来て一緒に撮れと。
もう慣れっこ。
この人達はメチャいい感じだった。

IMG_2797_2014032205110315a.jpg
バザール入り口付近。
お店が道にはみ出る感じ。
肝心のバザールはかなりさびれた感じでした。

IMG_2800_2014032205110355a.jpg
途中のモスクへ。

IMG_2801_20140322051107537.jpg
中が凄い広くて天上が高くて圧巻の空間。

IMG_2802_20140322051108297.jpg
そして扉いっぱいのステンドグラス。
ガイドブックに載っていないモスクで、多分異教徒は入っちゃダメだったのかな?
でも中に居た人はウェルカムだったけどね。
なかなかのモスクでした。

IMG_2804.jpg
外ではカーペット洗いが。
ってかこんな豪快に洗っていいもんなんですね。

IMG_2815_20140322051353739.jpg
マスジェデ・ジャーメ付近に戻ってきました。
お土産屋のポストカードは既にやる気が無い状態に。

IMG_2816.jpg
ってかこの通り自体がやる気が無いです。
全部閉まってる。

IMG_2818_20140322051356d9e.jpg
昼の夕方のマスジェデ・ジャーメへ。

IMG_2825_201403220513579d2.jpg
夜とは違って人がいなくてなかなか暖かい感じです。

IMG_2828.jpg
この模様は中にも模様が入ってたんですね。
細かい。

IMG_2835_20140322051530a2c.jpg
そして昨日見る事が出来なかったドームの天上。
うーん綺麗だ。

そろそろバスターミナルに行く準備をしなければ。

近くにサンド屋が無いかどうか探しに。
昨日のサンド屋以外近くにはサンド屋を探す事が出来ず。

IMG_2851_201403220515307d8.jpg
道を行ったり来たりしていたらこのオジさん達がお茶しろって。

ありがたくご馳走になりました。

結局いつものサンド屋で持ち帰りにしてもらいました。

宿で携帯に次の場所の情報を移して出発。
タクシーを捕まえるとかなり高い。
7万とか言ってくる。

既に人が乗っているシェアタクシーが目の前に。
交渉したら4万で行ってくれると。
ラッキー!

助手席が空くと俺を助手席に呼んで話を。
エスファハーンに彼女がいるらしく、電話かメールをする為に携帯のチャージをしたいと、商店の前で少し待つ。

どうやら彼女にぞっこんの様子。

彼女は何人?って聞いたら

「イランでは彼女は一人しか作っちゃダメなんだよ。」
って珍しく真面目に返事されちゃった。
真面目な子で良かった。

彼のおかげで無事ターミナルへ到着。
予定より1時間も早く着く事ができた。
バス会社に行ってバスを確認すると、スタッフ同士がメッチャ口論し始めた。

え?

何が起きてるの?

そしてスタッフに急げって連れられてバスの方へ。

言い合いの内容は勿論わからないけど、
「ツーリスト・・・・ツーリスト・・・・」
とツーリストというワードがチラホラ聞き取れた。

予想するにツーリストをブッキングしないバスなのかもしれない。

なぜならめっちゃローカルの人しか乗ってなかったからだ。

乗り込んだらメチャ見られるし。

しかもバスのクオリティーもかなり引くい・・・。

IMG_2856_201403220515333d6.jpg
19:20に出発してすぐのサービスエリアで休憩。

早すぎるんですけど・・・。

と思ったらその休憩がメチャメチャ長い。

どうやらお祈りの時間みたいで、みんなサービスエリアのプレイングルームに集まっている様子。

バスから追い出されて、寒空の下みんなのお祈りが終わるのを待たなければならなかった。
まあ致し方ない事だが。

ってかお祈りの時間が決まってるんだから、それが終わってから出発すれば良くないか?

とにかく早くバスに入れてー。

無事聖地マシュハドに着く事を俺は祈ります。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング


▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/434-dfb395ec

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。