スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブリーズ到着!イランの温泉へ

Posted by 王子(ouji) on 14.2014 イラン 0 comments 0 trackback
2014年3月14日

ラシュトから深夜バスでタブリーズへ移動。

IMG_3113.jpg
バスの中で夜明けを迎える。
外の山には雪が。
イランも今の時期は寒いです。

IMG_3116_2014032701212623a.jpg
ラシュトから約10時間でイランの西の街タブリーズへやってきました。
タブリーズのバスターミナル。

歩き方によるとバスの出庫口近くにバス停があるとの事。

大きな道路の所に行くとバス停が見当たらない。
その辺のタクシーがしきりにタクシーに乗れと言ってくる。
そいつらにバスは?って聞いても何を言っているのかわからない。
しばらくでも目の前をバスが通り過ぎていく。
手を挙げても止まってくれない。

何でだろう???

バスターミナルのインフォメーションに聞いてみよう。

バスターミナルの中心にインフォメーションデスクがあります。

でも早朝過ぎてインフォメーションに人がいない・・・。

もう一度大きな道路に戻ってバスを止めようとするが止まってくれない。

どうなってるんだ?

しまいには雪が降って来てしまった。

戦意喪失・・・。

その辺のタクシーの兄ちゃんに街まで行ってもらおうおもい声を掛けた。

とりあえず乗れと。
乗るともう一人男が入って来てなにやら電話を。

言葉のわかる所をかい摘むと
「ジャポン」「ホテル」その他何やら言っている。

このパターンだと彼らの知り合い、またはつるんでいるホテルに連れて行かれるかも、と直感が働いた。

俺は運転手にホテルはいいから街まで行ってくれ!と言っても取り合ってくれない。

これはかなり気分が悪い。

なので俺は荷物を持ってタクシーを降りた。
周りの全員が止めたが、とにかくこのタクシーには乗りたくない。

俺はまたバスターミナルに戻って、そこら辺の人に「シティーバス、シティーバス」
と聞くと、俺がバスを待っていた道路とは反対方向を指差した。

IMG_3117.jpg
そこへ言ってみるとご丁寧にちゃんとバス停があるではないか!

歩き方ー!!ちゃんと説明しろよ!

ってかバスの出庫口じゃねーし。

相変わらず歩いていない歩き方に苛立ちながらもバス停が発見できた事に安心。

街まで行くバスは104か160番との事。

しばらく待つと104番のバスが到着。
それに乗り込む。

俺は目的のホテルがあったのでシャリーアティーの交差点で降ろしてもらう事にした。

運転手が教えてくれて美辞バスを降りる事が出来た。バス5000リアル(約16円)

地図を見ながら方向を確認するが、どうやら交差点ではない。
ってかT字路だし!(苦笑)

通りの名前を確認してとのへんの人に道を尋ねた。

結局俺はシャリーアティーの交差点ではなくて、フェルドウスイー通りの一番端に降ろされたようだった。

ちゃんと目的地まで乗せてくれよ!!

現在地がわかったのでそこからはスムーズ、のはずだったが、行きたかったDaryaホテルは満室。

その近くにもホテルは何軒かあるが40万リアルとかマジでふざけた値段。

なのでバザール近くのMashhadホテルに向かった。
値段交渉して1泊25万リアルに。(約833円)

やっとの思いでホテルに到着。
朝からかなり難関続きでした。

とにかく体が疲れている。

この疲れを取る為には・・・

温泉!!

タブリーズには温泉があります。
ラシュトで温泉に行こうと思っていたけど、他の場所をお勧めされてしまっい断念。
タブリーズにも温泉があるとガイドブックにあったので、ここで入ろうと決めていた。

ホテルで行き方を確認していざ出発。

まずは近くのバス乗り場からダルヴァーゼ・テヘランをいうミニバスや乗り合いタクシーが発着する場所へ。
バスは110、139、155とのこと。
そのバスをバス乗り場で探すが見当たらない。

ホテルスタッフも適当・・・。

バスの運転士にダルヴァーゼ・テヘランに行きたいと伝えると「乗れ」って。

確実に番号違うのに大丈夫かな?
と不安になりつつも乗る事に。

するとバスは発車してすぐのバス停で俺は声を掛けられた。
そしたら前のバスに乗リ替えろと。

満員のバスに乗り換える。
運転士が日本人がダルヴァーゼ・テヘランに行きたいらしいと伝えてくれている。

みんな無駄に親切だ。

無事ダルヴァーゼ・テヘランに到着。
一緒に降りた男の子がボスターン・アーバード行きのミニバスまで案内してくれた。
しかもここまでのバス代はいらないって。
イラン全土に言えるけど、たまに無賃でバスに乗らせてくれる。
旅人はゲストっていう精神があるのは理解ができるが、タダって商売にならないじゃん?(笑)

丁度ミニバスが待っていて、しかもあと2名くらいしか乗れなかった。

すぐにミニバスは発車。

IMG_3119_20140327012132631.jpg
ミニバスはこんな感じ。

そしてバスは1時間くらいで停車。
大きな通りでバス停がある訳ではないその場所から、左に続く道を進むと温泉があるとのこと。

IMG_3120_20140327012132687.jpg
看板を発見。

IMG_3122.jpg
こんな所に降ろされました。バス15000リアル(約50円)

お腹が空いていたので近くのサンド屋に。

勿論英語なんて通じないからジェスチャーで注文。

IMG_3123_20140327012156e7b.jpg
サンド30000リアル(約100円)

サンド屋さんにいると日本人が来たって隣の商店からも人が。
その人達に温泉に行きたいと伝えタクシーを捕まえてもらった。

運転士はかなり陽気で、温泉の事やイランの事など話す。
温泉まですぐだった。
20000払うとオヤジは納得しているけど、俺がお釣りちょうだい!ってしっかり10000リアル返してもらいました。
タクシー約33円。

IMG_3125_20140327012157a51.jpg
ボスターン・アーバード温泉はこちら。

IMG_3126_20140327012158001.jpg
温泉のロビー。

場末感満載のスーパー銭湯です。
入場料40000リアル(約333円)

ロッカーの鍵を貰い、そこに荷物を入れて水着に着替えます。
そして次の部屋がシャワールームになっていてそこでシャワーを。
そこから先が温泉施設になっています。
っていっても温水プール的な感じ。
沢山のイラン人が子供をつれて遊んでいます。

俺はジャグジーに入って久々足が伸ばして温泉を楽しみました。

まあこんなところに日本人ってやっぱり珍しいのだろう。
めちゃジロジロ見られます。

プールにジャグジーそしてサウナに水風呂と、一通りの施設が揃っている感じ。
でも場末感はかなり凄いです。
俺こういうの嫌いじゃない。

手足がシワシワになるくらい入浴。

久々の温泉でかなりリフレッシュできました!

IMG_3128_20140327012200525.jpg
こちらがボスターン・アーバードの街並。

温泉からメインの通りまでは歩けそうだったので返りは歩く事に。

30分位でメインの通りに。
タクシーが待ち構えていますが、俺はバスに乗ると主張してお断り。

すると近くのお店から男が話しかけて来た。

バスがくるまでお茶すればと。

ありがたく頂く事に。

小さいレストランで中では2人の男性が食事をしていた。
その一人が日本大好きとTOYOTAとかSONYとか日本メーカーの名前を言いまくっている。
凄く笑顔が素敵で明るい人だった。

すると彼らがこれからタブリーズに行くとのことで、その車に乗せてもらう事になった。

ラッキー!

本当にイランの人は親切です。

IMG_3131.jpg
こんな風景の中を走ります。

IMG_3132_20140327013522934.jpg
車内はこんな感じ。

渋滞とかあったのにわざわざホテル近くまで送ってくれました。
ありがとうございます。

丁度お昼時。
街には人がわんさか。
そう今日は金曜日。
お休みです。

IMG_3133_20140327013522003.jpg
近くのバーガー屋でバーガーを。
これがなかなかのクオリティー。
しかも注文するとすぐに出てくる。
30000リアル(約100円)

IMG_3134_2014032701352702a.jpg
そして途中の露店で売ってたいマフィン。
これで20000リアル(約66円)

安過ぎ!!

これでお昼にしました。

この街に来た理由は1つ。
国際バスでトルコに抜ける!

タブリーズからトルコまでのバスがここから出ているとの情報が歩き方に。

一応ホテルで確認をしようと思ったら、誰も英語が理解できない・・・。

歩き方に乗っているバス会社を探すが見当たらない。

どうしよう・・・。

また宿に戻ってロンプラを。
こういう時はロンプラの情報が確実。

ロンプラにはエマーム。ホメイニー通りにバス会社があるとの事。

IMG_3139_20140327015108f4f.jpg
行ってみるとバス会社を発見。

IMG_3138.jpg
階段にはイスタンブール等書いてありました。

中のオジさんスタッフにトルコまで行きたいと伝えると・・・無いと。

無い?階段にもオフィスの中にもデカデカと国際バスの表示があるのに、何故?

話を聞くとトルコ行きのバスの営業を先月か今月かに終了してしまったらしい。
他のバス会社は無いのか?と聞いても無いと。

ガーン・・・。

まあ仕方が無い。
他の方法で行くしか無い。

IMG_3141_20140327015110f18.jpg

近くのアルゲ・タブリーズを鑑賞。

今は工事中なのか中には入れません。

IMG_3143_20140327015117684.jpg
そのまま街歩きを。

IMG_3148.jpg
イラン全土に言えますが、どこも夜から沢山の人が街に繰り出します。

IMG_3151_20140327015301419.jpg
しかも店や商売している人の数もハンパ無い。
手で商品を持ったまま商売している人も沢山だからね。

IMG_3153_20140327015302aa5.jpg
この人なんて車の上に靴並べてるし。
綺麗に並べてるなー。(笑)

歩いているといい匂いが。

IMG_3158.jpg
ひき肉を炒めてる。
お客さんを見ると薄い生地のバンに挟んで食べている。
これは美味いだろう!と思い注文することに。
名前がズーズーブーズ。

IMG_3160_20140327015304761.jpg
これで100000リアル。333円。
ちょっと高かった。

そして予想した味とちょっと違う。
肉に味があまり無い。

IMG_3164.jpg
ナマーズ広場にあります。
まあこういう冒険は必要です。

IMG_3167_2014032701535519e.jpg
ってかマーケット多過ぎ。

IMG_3169_20140327015356496.jpg
でもこういう風景がイランの夜です。

さっきのズーズーブーズだけだとお腹が満足してなかった。

IMG_3174.jpg
サンドを。
昼は丸いパンだったのに、夜は長いパン。
でも味は一緒。

やっと念願の温泉に入れました!

イランの締めにはちょうど良かったかも。

明日はとうとうイランを脱出する予定。

ってかどうやってトルコへ行こうか???


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯・スマホ用はこちら。
世界一周ブログランキング



▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/439-5abcda94

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。