スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人を訪ねてパークグム郡へ

Posted by 王子(ouji) on 24.2012 ラオス 0 comments 0 trackback
2012年12月24日

ヴィエンチャンでやることが無くなったので、今日は移動します。
ラオスの病院で働いているチエを訪ねて少し南に下ります。
チエとの連絡が互い違いになって今日行く事が伝わってないかもしれないが、とりあえず行ってみる事に。

IMG_7489.jpg
朝飯はいつものカオピニャック
今日はおまけが付いてこなかった・・・お母さんの気分次第?(笑)

身支度をしてチェックアウト。
まだ出発まで時間があったので、荷物を宿に置かせてもらいパソコンで調べ物でもとカウターに行くと日本人が2人。

挨拶をして話をしたらヴィエンチャンに来て間もないらしい。
旅の情報交換をして、俺が買い物と飯に行くつもりだったので二人も誘った。

ドンキを教え、そしてお勧めのナンプーカフェで飯。
IMG_7490.jpg
もちろんガパオです(笑)

二人はお勧めのカオピニャックを。
美味い美味いと食べてました。

旅のスタイルは違えど、同じ世界一周仲間。
短い時間だったけど、濃い話ができました(笑)

IMG_7491.jpg
タクヤとジュン。
本当に短い時間だったけど楽しい時間をありがとう!!

タクヤはオシャレーなblogをやっています。
akuyaWada's blog
いいセンス。是非!

二人とバイバイして荷物を持ちタラートサオのバスターミナルまで。
もう地図を見なくてもわかるなー。

タラートサオから南ターミナル(サイタイ)までローカルバスで行き(3,000キープ)、そこからチエに事前に教えてもらったとおりバスターミナルの切符売り場を抜けて、左側の屋根があるところのバスへ。

目的地はガイドブックにも載ってない村。
発音が悪いと別の所に行ってしまうとの事で、チエがラオス語で目的地をメールをしてくれていた。
これを見せれば目的地で降ろしてもらえるからと。

バスの運転手にラオス語を見せたら「乗れ乗れ」と。
IMG_7493.jpg
バスはマイクロバスよりちょっと大きいくらい。

IMG_7492.jpg
観光客はほとんど乗らないバスでしょう。
後ろの席には荷物が山のように。

14:45出発。チエが仕事が終わるのが16時とのこと。
南ターミナルからは1時間15分くらいらしいので、ギリギリ・・・
目的地に16時までに着かないとチエと合流できないのでちょっと不安。

なのに出発したらすぐに止まった。
パン屋さんでみんながパンを買っている・・・
あの、16時には着きたいんですが。

結構な時間止まっていて再出発。
後から聞いたら村にはパン屋さんが無いので、都市から田舎に行く時はお土産で買う人が多いとの事。
だからみんなあんな大量に買うんだね。

バスは順調に南へ。
バックパックに寄りかかり、少しウトウト・・・zzz
30分位寝てしまった。
まだまだ目的地は遠い。

ラオスも今が発展中で、道路は悪路も多い。
工事中なのかアスファルトと砂利道が交互に続く。

運転手も慎重に段差を運転していたが、突然
「ガリッ!ガリガリッ!!」
と下を擦る音が。

その後からバスから異音がし始めた。
完全に車の調子がおかしくなった。

途中車を止めて運転手と車掌さんの女性が確認。
また発車。
そして再び止まり確認・・・

発車したかと思えばノロノロ運転・・・

あの時間が無いんですけど・・・
時計を見ると15:45
16時までに着くのかは周りの景色を見ても俺にはわかるはずが無く、とにかく進んでくれるのを祈るのみ。

何個かの小さな村を抜けて、大きな橋を渡ったところで車掌さんが運賃を徴収しに。
もしかしたら着くのかな?と車掌さんに再びラオス語のメールを見せる。

突然運転席に向かって大声で叫ぶ。

一斉にバスの乗客全員が俺の方を見る。(しかも笑顔)

運転手が大声で返している。

「ん?ん?なんだ?わからないぞ・・・」


車掌さんのオバさんが手を開いて俺に見せる。
50,000キープかな?と思ったけど、ここまでは20,000キープで来られると聞いていた。

様子を伺うとお金じゃないらしい。
なんだろう???

運転手とやり取りをしている。
その間乗客は俺の方を向いて笑っている。俺もつられて苦笑い。

すると突然オバさんが走っているバスから身を乗り出し大きく手を振っている。

向こう側から来るバスに合図しているようだ。
そして停車。
おばちゃんが俺に向かって

「来い来い」と。

あ、わかった。村を通り過ぎてるんだ!(笑)

時間がかかりすぎてるなーと思っていたけど、車が故障して速度が遅くなったからだと思っていた。
みんなの笑顔の理由もわかった(笑)

荷物を持ってバスから降りる。
オバさんも一緒に下りて、50メートルくらい後ろに止まった向かいのバスに大声で叫んでくれている。

青年二人がバスから降りて俺に来い来いと。

道を渡りおばちゃんに向かって大きく
「コープチャイ」と声をかける。
手を振って答えてくれた。

乗ったバスは満員。
通路にも人が座っていた。

運転手のオジさんが、
「バックを置け、その上に座れ!」と。
運転席の真横でバックパックに座る俺。
そして出発。
たぶん俺が座った所に居たであろう青年は開けっ放しのドアのステップに立ち、半身が外に出る状態でいてくれた。(一人はその状況を楽しんでいたみたいだけど)

運転手のオジさんが
「どこまで行くんだ?」の質問に
ラオス語を見せて「わかった、わかった」と。

揺れるバスのフロントガラスの真下にしがみつき、バスは来た道を戻る。
目の前は夕日。
あ、既に17時過ぎ・・・
日没までにはどうにか目的地の病院前に着きたい。

着いたとしてもチエはもういない。
もし病院が閉まっていたらアウト。
その辺の家を回ってチエを知ってる人を探すしか無い。

ってか結構戻ってるんですけど・・・(苦笑)

30分位走ってオジさんが
「あと5キロくらいだ」と。

どうやら日没前には村に着きそうだ。

そしてようやく到着。

運転手さんにラオス語でいくら?と聞いたら

「NoNoNo!!」

そして大きく胸をたたいて
「Lao!!」と。

周りの人もみんな笑顔で俺を見てくれている。
俺は大きな声で
「コープチャイライライ!!」
と何度もお辞儀をしてそして大きく手を振ってバスを見送った。

おっさんカッコイイじゃんか!(笑)

ラオスの愛を感じました。

結局ここまでタダで来てしまった。ラオスの人達の愛に感謝。

そして目の前の病院にはまだ人が!!

大きなバックパックの日本人に一同注目。
看護婦さんに
「ジャパニーズ チエ」
と言ったらもう家に帰ってると。

電話をしてもらえないか頼んでみる。

そしたら看護婦さんが敷地内でバレーボールをやっていた男の人を連れて来た。

その人に事情を説明しているらしく、そしたらバイクに乗れと。

後ろに乗り道路を渡って村の中へ。
そして家の前まで送ってくれた。

玄関で「チエー」と叫ぶ。

奥からチエが登場。

「えー明日じゃなかったっけ?!」
やっぱりメールの内容が伝わってなかったんだ。

連れてきてくれた人にお礼を言い、やっとチエと再会。
あー長かった。

ここまでの経緯を説明などをしていると、門に子供達が集まっていた。
チエが
「門をあけると入ってくるよ。」と。

開けてあげると、見た事無い日本人にドギマギしながら庭に入ってくる。

そして長い棒で木を叩き始めた。
IMG_7494.jpg
俺を警戒する子供達(笑)

IMG_7496.jpg
木を叩くと小さな実がボトボト落ちてくる。
それを我先にと拾う子供達。

IMG_7497.jpg
俺も負けじと拾ってみた。

マッカタンという実で、このまま食べられるとの事。
よく拭いて食べてみた。
これが美味しい。
毎日この時間くらいに子供達が取りに来るんだって。

IMG_7495.jpg
どんどん落としてます。

IMG_7499.jpg
チエがビニール袋をみんなにあげて、そして手伝ってあげてました。
みんな元気でやんちゃ(笑)

ひとしきり拾って子供達は帰っていきました。

チエがいるパークグム郡は一応ヴィエンチャン特別市だが、となりのボリカムサイ県と接していてヴィエンチャン中心部とは全く様相が異なり、水道も通っておらずインフラの整備がかなり遅れている地域らしい。

今日俺が来ると思ってなかったので、夕飯の食材を買いに近くのタラート(市場)へ。

村に来る外国人は珍しく、住んでいる外国人は勿論チエだけ。
ほとんどの村人が仲良く全員を知っている位小さな村。

だから未婚女性の家に男が来るなんて村人では考えられないこと。
チエも事前に病院の人に
「親戚の兄が来る」と伝えていたらしい。

そう今日から村で俺はチエの親戚のお兄ちゃんです(笑)

チエと一緒に市場で買物をしていたら、村人みんなに探るような笑顔で声をかけられる。

「その人は誰だい?旦那か?」
と聞かれてチエが
「お兄ちゃん」
と答えても全員が完全に笑顔で疑っている(笑)

ってか全員チエを知っている。

もう明日には村全体に
「チエの旦那が来た」という噂がまわっているだろう(笑)

食材を買って家に戻りクッキング!!

チエが肉じゃがとサラダを作ってくれました。
IMG_7501.jpg
そして白菜の漬け物も。

IMG_7502.jpg
日本のマヨネーズとおろし醤油!!
ヤベーかなり上がる。

まずはビールで乾杯して「いただきまーす!!」
久々の日本の味に感動。

ご飯で大満足!

そして今夜のメイン
IMG_7503.jpg

シャンパーン!!ピントがチエに合ってしまった(笑)

兄としてクリスマスプレゼントをと思い、ヴィエンチャンで購入。
こっちでずっとワインが飲みたくて、でもお店だと高いんだよね。
今回はフンパツ!!

丁度チエの家にブルーチーズがありチーズとワインでメリークリスマース!!
なんと赤のシャンパンでした。
甘めの味でスイスイ飲めちゃう。
久々の味で本当に美味しかった!!

もうそこからは話が盛り上がって盛り上がって。

途中チエがイモみたいなものを出してくれた。
IMG_7505.jpg
食べてみるとこれが梨のような味。
水々しさは梨まで無いけど、これも美味しい。

それから話は少数民族の布やアイテムの話になり、
チエのシンを見せてもらいました。
シンはラオス伝統のスカートで、ラオスの職場や学校でシンの着用が推奨されていて、多くの女性は子供から大人までシンを着てるんだよね。

IMG_7506.jpg
ラオスシルクでできていて、装飾の刺繍も見事。

IMG_7508.jpg
こんな色も。
ラオスに入ってからシンを着ている女性がすごく素敵に見えて、やっぱりいい物です。

IMG_7509.jpg
いろんな民族の布も。
あーこれ見ると欲しくなる。
ラオスの織物マジでいいです。

これが全部手縫いなんて素敵過ぎる。

ちょっと前にハンドクラフト展があったんだって。
うー惜しい!!

次回タイミングが合えば是非。

盛り上がりすぎてあっと言う間に夜中。

チエは明日も仕事なので、ここでお開き。

なんだか怒濤の一日だったけど、振り返ると楽しい一日になりました。

明日は村を探索だ!!

今日はこのへんで。
ではまた。
王子でした。




ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/52-b252b974

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。