スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村よありがとう!そしてバンビエンへ

Posted by 王子(ouji) on 26.2012 ラオス 2 comments 0 trackback
2012年12月26日

飲み過ぎで夜中トイレに行った時、既にコケコッコーとニワトリが。
ここのニワトリは夜中2時でも3時でも鳴いている。しかも数羽。

一羽が鳴くともう一羽が鳴いて「コケコッコー!」と。

何羽かが鳴いている中に一羽だけ
「コーケコッコ?」
と尻上がりな鳴き声のヤツがいて、そいつが鳴くと肩すかしくらった感じ。鳴くたびに笑ける!

あっという間の村生活。
荷物をまとめ、チエと一緒に家を出る。
そして村長さん家へ。

IMG_7619.jpg
ここが村長さん家
ボーイは今日はぐずり気味。
どうやら首都に買物に行った時のケーキが無い、って怒っているらしい。
クリスマスケーキの事だったのかな?かわいいね。

お兄ちゃんは学校の支度をしていた。
昨日いなかったお姉ちゃんも。
お姉ちゃんが可愛いんだけど、一番下の弟があまり好きじゃないみたい(笑)
思春期だからかな?お兄ちゃんと偉い違いだな。

お母さんが朝ご飯を持って来てくれた。
それがこちら
IMG_7624.jpg
朝から豪勢過ぎる!!
これに目玉焼きが出てもう最高のご飯。
どうやら俺の為にフンパツしているのでは?とチエが。

野沢菜の漬け物みたいなのがめちゃめちゃ美味かった。
あと昨日の夕ご飯でも出ていた水牛の皮や香辛料などを潰して作ったもの。
なんか独特の風味なんだけど、それを少しご飯に付けて食べる。辛いので少しでOK。
近くのオジさんはカオニャオの大きなおにぎりにそれをたっぷり乗せて食べていた。
お母さんありがとうご。

お兄ちゃん、村長さん、後からお母さんも一緒に朝ご飯。

お姉ちゃんは思春期なのか、別の所で食べるとバイクに乗ってどこかへ行ってしまった。
そしてお兄ちゃんもバイクで学校へ。
最後まで優しい笑顔で俺のバイバイに答えてくれた。

お母さんが道の方を気にしている。

8時過ぎのバスに乗る予定。
こちらの8時過ぎは8時台全部なのでいつバスがくるかわからない。
カオニャオを握り、魚を食べようと思っていたら突然お母さんが道路へ。
大きく手を振る。
バスが来たらしい。
この辺は勿論バス停なんて無い。
バスが来たら止めて乗るスタイル。

手に持っているカオニャオを一気に食って荷物を持ちバスへ。
チエとお母さんにお礼を言いバスに乗り込んだ。

別れはあっという間だった。

IMG_7627.jpg
バスは勿論ローカルバス。
朝の空気と窓から入る砂埃。
村の人達を思い出しながら、そのまま寝ましたzzz

このバスはタラートサオまで直通。
途中ガソリンスタンドでトイレ休憩。
見慣れた景色になってきた。
そして順調にタラートサオに到着。
IMG_7628.jpg
乗って来たバス。

荷物を持って切符売り場へ。
お姉さんに聞いたら1番乗り場で切符は中でとのこと。

IMG_7629.jpg
1番乗り場はこんなところ。

IMG_7631.jpg
時刻表。読み方がわからない。
6時から16時まで沢山出ている。
俺は10:30のバスで出発。10の横に30が書いてないけど、運転手に聞いたら全部30分発らしい。

IMG_7632.jpg
バスに大きく「VANGVEIANG」と書いてあるので、間違う事はないでしょう。

IMG_7633.jpg
車内の様子。

時間通りの出発。
ラオスに来て初めて北に向かいます。

IMG_7638.jpg
床にはチョウチョが。
気付いたらもういなかったけど。

IMG_7639.jpg
しばらく走ると車窓からは田舎の風景が。

IMG_7643.jpg
そして山道へ。

ローカルバスなので、乗客の止まりたい所で止まっていきます。
村や山を越えて約4時間でバンビエンへ到着。

IMG_7644.jpg
だだっ広いアメリカ軍の滑走路跡地に降ろされます。

IMG_7645.jpg
牛が出迎え。

バックパックを背負い、この空港跡地を突っ切り街へ。
川沿いのバンガローを目指しナムソン川まで歩きます。

IMG_7646.jpg
メインのストリートを抜け川沿いの通りに。
中州に渡る橋を発見。
中州側にバンガローが集中している。

IMG_7647.jpg
左が中州側。(橋から見た北側)

IMG_7648.jpg
この無料の橋は雨期には渡る事ができくなります。(橋から見た南側)

この奥に更に長い橋。そして車も通れる有料の橋があります。

最初の北側一番奥のバンガローに行ってみたが1泊50ドル。
高い・・・
でもそこはプールも付いていて、いかにもリゾートって感じの所だった。

暑さとバックパックの重さに耐えかね、声をかけてくれていたゲストハウスに戻りチェックイン。
IMG_7650.jpg
今日はここに泊まり、バンガローは明日探す事に。

昼飯も食べていなかったので、荷物を置いて遅い昼飯を食べに川沿いのレストランへ。
IMG_7649.jpg
カオパットとビールで。

空きっ腹と移動の疲れでビールがいい感じに体にまわる。

宿に戻ってシャワーを浴びて休憩。
段々外が暗くなって来たので、バンビエンの夕日を見に散歩へ。

今日はあいにく厚い雲が多い。
川沿いのメインストリートを歩いていると一カ所開けた場所が。
IMG_7653.jpg
山の奥の方に太陽が沈んでいるみたい。

IMG_7659.jpg
淡いピンク色の夕焼けでした。

西側の山々が素晴らしい光景。
ここの山の景色は最高です。
明日に期待!

宿に戻りコーヒーをいれて、部屋のベランダでゆっくりしようと外へ。
コーヒーを片手にベランダのドアを締める。

「パタン」

その瞬間に嫌な予感がしてドアノブをひねってみる。

やっちまった・・・ロックがかかってもーた!!

俺の部屋は道路に面していない。
隣のゲストハウスが見えるが人の気配が無い。

焦ってもしょうがないので、ひとまずコーヒーをゆっくり飲みながら考えた。
2階だったので降りられるか?と思ったが、下手に降りてケガでもしたら面倒だ。

うん、助けを呼ぼう!

隣の部屋には人がいないみたいなので、隣のベランダに侵入。
そこからだと道路が近い。

もう暗くなっていて、話が通じそうな人が通らないかどうかベランダから身を乗り出す。
ガキは通るが英語がわかりそうな人が全く通らない。

宿のロビーから声は聞こえど、ここから見えず・・・
叫ぶか?と思ったけどそれもしたくない(さすがに恥ずかしい。笑)

とそこへ欧米人が通過。
「hey!hey!!」と声をかけるとキョロキョロして周りを見ている。
俺が大きく手を振りここだよーと。

事情を説明して宿の人を連れて来てもらう。

無事救出されました。

これも勉強。以降気を付けます(苦笑)

バンビエンに付いた時に、パクセーで会ったJun君にメッセージをいれておいた。
もし彼がまだここにいるなら飯でもと思い。

夜に連絡が入り、まだいるとの事。

まだ土地勘の無い俺は彼が泊まっているゲストハウスがわからず、Jun君が迎えに来てくれた。
これから丁度仲間と飯に行く所との事で、同行させてもらった。

IMG_7665.jpg
日本人の男3人と韓国人の女の子3人、計6人で夕ご飯。
韓国人の一人が日本語を単語程度に少し、そして英語で会話をしていてお互いにののしりあったり冗談を言ったり。久々大勢でのご飯を楽しみました。

そのまま彼らが泊まっている宿にお邪魔してビールを追加。
日本人宿らしく沢山の日本人がいました。

あまりにみんなのキャラが濃いので、もし明日部屋が空いていたら移るねと話をして宿へ。

もう12時もまわっていたのでそのままベッドに。

ドーンデットからチエのいる村と静かなところにずっといたので、まだこの街の賑やかさに慣れない。
徐々に体と心を慣らしていこう。


今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

▶ Comment

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2014.05.22 09:50 | URL | 株の初心者 #- [edit]
ありがとうございます。

> とても魅力的な記事でした。
> また遊びに来ます!!
2014.05.27 15:44 | URL | 王子(ouji) #- [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/54-5c3c7bc1

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。