スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Air Asia でクアラルンプールからタイへ

Posted by 王子(ouji) on 10.2012 マレーシア 4 comments 0 trackback
2012年11月10日
いよいよ待ちに待った旅のスタートです!!

旅の始まりは羽田から。
Air Asiaの深夜便でクアラルンプールへ出発。

初のLCCを使ってのフライト。
機内はシートが若干狭く見えるが、普通の日本人なら問題ないであろう広さ。
サービスは全く無く、まさにプライス重視の人を輸送する為だけの飛行機。
飛行機好きの自分としては、サービスや接客も含めて好き嫌いが出てくるんだけど、
こいつは全く別物だね。

早朝クアラルンプールLCCTに到着。
トランジットでタイ便まで6時間あるので、入国手続きを済ませマレーシアに初上陸!!


1ヶ国目
マレーシア

時間も無いので、バスに乗りクアラルンプールの市街地へ。
クアラルンプールLCCTからはバスで1時間。(30分毎に出てます)
往復バスチケットを6ドルで購入。
長居できないので、リンギット(マレー通貨)は両替せず、手持ちのドルで支払い。

IMG_4000_20130523114618.jpg

バスはご覧のようにオンボロ(笑)
各国トラベラーと地元の人で満載でした。

南国の木々が立ち並び森を抜け市内に出ると、ビルビルビル!!

IMG_4002_20130523114620.jpg

IMG_4005.jpg

都会とは聞いていたけど、ここまでとは・・・

少し路地を入ると
IMG_4007.jpg
こんな感じでマレーシアを実感。

IMG_4011_20130523114617.jpg

建物の間からカラフルなモノレールが走ってたりします。

早朝なのでお店はしまってますが、朝の屋台が出ていて食べたかったけど
残念ながらドルしか持ってないので、今日はおあずけ(残念・・・)

クアラルンプールで有名なツインタワーなどは車中で横目で確認し
時間も無いので再びバスに乗り空港へ。

完全にショートトリップでした。
今度はゆっくりと。

搭乗手続きをして、タイ行きの飛行機に乗り込みます。
乗り込むといっても、搭乗口から飛行機までは徒歩。
IMG_4013.jpg
蒸し暑い中を列を成して飛行機に向かいます。

IMG_4014.jpg
クアラルンプールLCCTは格安航空(LCC)用の専用空港で、
滑走路はクアラルンプール国際空港と一緒だが、建物が別になっている。
なのでAir Asiaだらけでした。

それではタイへ出発。
お腹ペコペコ。
タイでは思いっきり食います!!


ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


▶ Comment

いよいよ始まったァ!
2012.11.13 05:46 | URL | みやまん す #6Q0aW8YQ [edit]
始まったぜ!!
でも始まって早々、Wifi環境無しの所に行ってしまって、UPできずでした。
今日からまたバンコクです。
応援よろしく!!
2012.11.16 09:54 | URL | みやまん #SFo5/nok [edit]
次はペナン・ランカウィだな
2012.11.17 05:09 | URL | 匠 #- [edit]
ペナンかー、行きたいねー!!
透き通った海、白い砂浜。
俺一人?(笑)
2012.11.17 09:20 | URL | 王子 #SFo5/nok [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/6-75c740af

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。