スポンサーサイト

Posted by 王子(ouji) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香格里拉のポタラ、そして大量の〇〇を食す!!

Posted by 王子(ouji) on 10.2013 中国 0 comments 0 trackback
2013年1月10日

ベッドウォーマーのおかげで、なんとか死なずに朝を迎えることができました。

外の様子はとカーテンを開けるとビックリ!!
IMG_8809.jpg
一面雪です・・・

しかも俺が起きた時は完全に降ってました。
一日の予定が台無しだな、と思ったけど、昼前には止んでくれました。よかった。

持ってきた最大限の防寒で外に出る。
ちなみに上半身はヒートテック、サーマルのロンT、パーカー、フリース、そしてゴアテックス。
下はヒートテックにカーゴパンツのみ。
これだけ着れば大丈夫でしょう、と外へ。

えー寒いっす・・・
IMG_8812.jpg
でも青空が出てきてくれました。

宿のお父さんにポタラまでの行き方を聞いたら、
「バスですぐだよ」と。
しかも1元。

バス停に行きバスを待ちます。
IMG_8813.jpg
お坊さんも待ってます。

お坊さんもさすがに寒いだろうなと思ったら、このボルドーの布の下は完全防備でした(笑)

結構待って3番のバスに乗車。

IMG_8814.jpg
中の様子。
観光客と地元の人で満席です。

ものの10分そこらでシャングリラでどうしても来たかった場所
「松賛林景区」に到着。

IMG_8815.jpg
え?ここから歩けってか?

IMG_8817.jpg
チケットセンターでチケットを購入。
115元。高い。

でもどうしても来たかった所。
これは払います。

IMG_8818.jpg
ここから寺までは2キロくらい。
散歩です。

IMG_8821.jpg
一面雪景色になりました。
でも空気が気持ちいいです。

IMG_8822.jpg
途中草を干していましたが、何かは不明。
子供も手伝って、なにやら楽しそう。
そしてこのピンクのターバンみたいなのを巻いたのが 族の女性の方。

そのままテクテク坂を上がって行くと、

IMG_8824.jpg
ジャーン!!
見えてきました「松賛林寺」


シャングリラのポタラと呼ばれています。
松賛林寺の詳しい説明はこちらを。

勿論本当は世界遺産ラサのポタラ宮に行きたい所ですが、今の時期行ったら俺は凍え死んでしまいます(苦笑)

手前の湖からのロケーションが良さそうだったので降りてみる事に。

IMG_8829.jpg
湖は凍っていて、そこに雪が残り奥のポタラとのコントラストが何とも言えません。

IMG_8835.jpg
思わずセルフ撮り(笑)

ヤッター、ここまで来たぞ!!

夢にまで見たシャングリラのポタラ。

IMG_8848.jpg
湖をテクテク歩いて正面まで来ました。

IMG_8850.jpg
ここが正面入り口。

IMG_8852.jpg
入り口の門の天井画。
この色調と画にやられます。

IMG_8853.jpg
門をくぐるとこんな感じ。

IMG_8858.jpg
この階段を登って行きます。
えーさすがの高地。
息が切れます・・・

IMG_8859.jpg
やっとの思いで一番上まで登ってきました。

IMG_8860.jpg
なにやら坊さんが集まっています。
何事かは判明せず。

IMG_8861.jpg
これが本堂。
チベット感満載です。

中は撮影NG。
中からお経と楽器の音が。
早速中へ。
入ると縦に何列か並んだ広くて長いベンチの用なモノがり、
そこに若いお坊さん達が横並びにならんでお経を読み上げている最中。
その後食事をみんなで静かに食べていました。
多分さっきのお経は食事前に唱えるものだったみたいです。
監視役のようにベテラン僧が子供達を指導している風景は、学校の様。

本堂をくるっと回り、何体もある大きな仏像に手を合わせその場を後に。

3棟全て入る事ができ、一番高い棟の中を登る事に。

一番上まで行くと外に出る事ができました。

IMG_8863.jpg
外からの風景。
遠くシャングリラの街が見えます。

IMG_8868.jpg
全ての景色が最高です。

IMG_8879.jpg
この敷地は結構広く、お坊さん達が住んでいる居住区もこの中にあります。
せっかくなので探検を。

IMG_8883.jpg
居住区を歩いていたら、突然撃たれました(笑)

IMG_8884.jpg
完全に射程圏内だったようです。
奥の子笑ってるし。

修行しているキッズお坊さんの中にもBB弾を持っているヤカラがいて、今こちらのポタラでは流行っているようです。
風情が無いけど、子供は子供!

IMG_8885.jpg
ポタラの奥には村があり、その村の山には
「松賛林寺」の文字が。

IMG_8886.jpg
居住区にもこちらが。

IMG_8887.jpg
そしてマニ車があったので、一周コロコロしてきました。
その間もさっきのちびっ子ギャングが一緒にコロコロしながら俺を狙ってきます(笑)

IMG_8891.jpg
タルチョー多過ぎでしょ。

松賛林寺を満喫し、お腹もへったので街に戻る事に。
せっかくなので歩いて戻ってきました。
歩くと結構な距離です。

途中の道の溝に凍死したのか犬が逆さまになって落っこちていました。
それを拾うオバさん。
多分食べるのかと・・・
それも文化です。

やっとの思いで街まで戻ってきました。
お昼はどうしようかなーとホテル近くを物色。

IMG_8893.jpg
これはさすがにこれは・・・
これも文化です(笑)

パッとくるお店がなく、街まで出たりと右往左往してたら結構遅い時間になってしまった。

結局ホテルまで戻り、近くの食堂へ。
IMG_8894.jpg
これでもお店です。

IMG_8895.jpg
値段も書いてあって明瞭会計。

IMG_8896.jpg
外観はこんな感じ。

IMG_8898.jpg
今日はチャーハンと水餃子!!(15元)
チャーハンは微妙だったけど、水餃子がGood!
やっと飯にありつけました。

IMG_8899.jpg
ホテルでコーヒーブレイク。

そしてあっという間に夜に。

IMG_8900.jpg
これで7時くらいです。明るい。

夜の古城を見たくてテクテク歩いてきました。
IMG_8904.jpg
夜はこんな感じ。
うーん素敵です!

IMG_8908.jpg
千と千尋ですか?ココは。

IMG_8911.jpg
そして亀山公園にも。

IMG_8912.jpg
夜のライトアップされたマニ車を見たくて。

IMG_8917.jpg
夜の古城街はこんな感じ。

IMG_8918.jpg
一人で黄金のマニ車にリベンジ!

IMG_8926.jpg
回せる訳がないだろが(笑)
はしゃぎ過ぎると息切れするので注意です。
この後ハアハア言ってました。

IMG_8930.jpg
階段から下の風景。
ライトアップがいい感じです。

IMG_8933.jpg
途中ワンコを発見。
スゲー可愛かった。
途中の階段まで案内してくれました。

さて、今日はどうしてもここシャングリラで食べたかったものを食べに。
今回だけは贅沢しようと思ってました。

それがこちら
IMG_8937.jpg
って全然見えないね。

IMG_8938.jpg

ジャーン!!

大量の「松茸」でございます!


椎茸じゃないですよ、松茸。


一度でいいから死ぬ程食ってみたかった!

シャングリラには松茸専門店があるくらい、この地には州内の松茸が集まってきます。
勿論この時期は収穫できません。
全て乾燥松茸でございます。

「香り松茸、味しめじ」って言いますよね。
乾燥させる事により、香りがどう変化するのかは置いといて、とにかく鍋に大量の松茸が入っている光景はなかなかのモノ。(68元。贅沢しました!!)

IMG_8939.jpg
こちらは松茸火鍋で鶏のスープに鶏の各部位と松茸オンリーの料理。
鶏のダシと松茸の香り。
乾燥松茸ながらもシャキシャキとした歯ごたえを残しつつ、噛む程に松茸の香りと鶏のダシを含んだスープが口の中に広がり、人生で初めて体験する「香り」を奏でてくれました。

でもとにかく松茸だけで腹一杯なんて経験できないっす!!

ほとんど平らげましたが、こちらは残りました。
IMG_8940.jpg

コケコッコー(笑)

IMG_8941.jpg
古城入り口の少しミーハーな店でしたが、探す時間も無かったのでこちらでいただきました。

古城に行く間の地下にスーパーがあったので買物をしていました。

IMG_8942.jpg
いきなり温かい所から氷点下のところに来てしまい、乾燥が激しく唇がカッサカサだったのでリップクリームを。そして夜食のクッキーとコーラ。
これで11元。安い!

とにかく寒い香格里拉(シャングリラ)だったけど、夢が叶い最高の旅になりました。
明日からはゆっくりと雲南を南下していきます。

今日はこの辺で。
ではまた。
王子でした。



ブログランキングなるものに参加しました。
是非"ポチッ"とお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://takujiouji.blog.fc2.com/tb.php/69-fbb3c923

プロフィール

王子(ouji)

Author:王子(ouji)
小学生の頃からの夢だった「世界一周」に2012年11月から出発!
日記代わりに、ゆるりと綴っていければなと。

ブログランキング

世界一周ブログランキングに参加しました! 皆様の1クリックが旅の力になります。 是非お願いします♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。